2011年04月19日

時間を食べる時計、でも今何時かよくわからない



( ´ω`)ノうーん、これ時計って言っていいんですかね〜。
記事の写真は、ジョン・テイラー博士(写真で金色の物体を見上げている人)が、2年以上を費やして完成させた「針のない時計」で「時間を食べる時計:発明の物語」というタイトルで、ロンドン科学博物館に展示されているものなんだそうですよ。
といっても、「時計」だと言われないとなにがなんだかわかりませんが。

ヾ(・ω・ )てっぺんにいる架空の生き物「クロノファージ」が過ぎゆく時間を食べるという設定で、食べる動作に合わせて時計が開店し、振り子が揺れるというもので、「時間」という概念を考え直して貰おうと言う意図で製作された物だそうですよ。
まぁ、あれですな、「時計」本来の役目である「今何時か知る」のが目的で作られたものじゃないので、今何時なのかがわからないのが難点ですかのぉ。

( ´ω`)ノまぁ、実用品じゃなくて工芸品と言う感じですよね。
個人的には「クロノファージ」が虫っぽい生き物なのがちょっと。
実際にロンドンの科学博物館に行って、ちょっと見てみたい気もしますけどね。
そういえば、科学博物館は行ってませんね〜。
ロンドンにまた行ってみたいもんですが。
posted by Giselle at 22:03 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196645770
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。