2011年04月05日

うかうか死んでもいられない、エジプトのミイラから世界最古の「動脈硬化」



( ・ω・)ノいやはや、うっかり落ち着いて死んでもいられないと言う感じでありますなー。
世界最古の動脈硬化が古代エジプトの王女のミイラから発見されたということでありますよ。
うっかり王族だったばっかりに、丁寧にミイラにされて埋葬されちゃったので、何千年後にこうして研究者に研究対象にされちゃったりするわけですなー。
本人達は別に後世の研究のためにミイラにして貰った訳じゃないんですがけども。

ヾ(´ω` )しかしまぁ、CTスキャンで動脈硬化の有無が判る位保存状態がいいミイラが多いんですね。
52体のミイラをCTスキャンにかけて、動脈や心臓が判別出来たのが44体もあったそうですし。
で、その内の約半分45%で血管内のカルシウム形成が見られたということですよ。
古代エジプト人は、現代人と比べて脂肪分や肉類の少ない食事を取り、喫煙もしなかったにもかかわらず動脈硬化を起こしているんですね。

( ・ω・)ノ研究者は、「タバコを吸わず、血圧を抑え、コレステロールを抑える事で動脈硬化が遅くなる事は間違いないが、今回の調査結果は人類が動脈硬化にかかりやすい性質がある事を示している」と指摘しているそうですよ。
そもそも古代エジプト人の様な生活でも動脈硬化が進行しやすい遺伝的特質を持ってる人達が、人類には多いんですかねー。

ヾ(´ω` )それにしてもうかうか死んでもいられないですねー、ミイラの人達。
まさか未来の人類が、自分達の墓を掘り起こして、CTスキャンにかけて、何千年も経ってから動脈硬化ですね〜とか言われるとは全然思わなかったでしょうよ。
もっとも欧米では今でも土葬ところもありますし、そう言う所ではエンバーミングで防腐処理が行われたりしてますから、今からまた何千年も経った後に、うっかり掘り起こされて「やぁ〜この頃の人類は〜」とかやられる可能性は否定出来ませんが。

posted by Giselle at 20:41 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194417205
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。