2011年02月14日

NYタイムズスクエアで通り魔事件



( ・ω・)ノアメリカで通り魔と言えば、銃の乱射事件というのがお決まりのパターンなのでありますが、12日のニューヨークで起きた通り魔事件は、アメリカではおそらく珍しいんじゃないですかのぉ、凶器が刃物だったそうですよ。
容疑者の男はキッチンナイフで、元交際相手や通行人を次々と刺して殺傷したということですよ。

ヾ(´ω` )容疑者の男は、地下鉄タイムズスクエア駅に停車中の列車内で警官に取り押さえられて逮捕されたと言う事ですが、元交際相手とその家族、地下鉄の乗客など少なくとも4人が死亡、通行人など4人が負傷したと言う事ですよ。
いやはや、刃物でも銃でも、通り魔の犯人が持てば危ない事には変わりないですが、銃だったら死傷者はもっと増えていたかもしれませんね。

( ・ω・)ノ容疑者の男はブルックリンの出身で、11日にブルックリンで義父、元交際相手の女性とその母親の計3人を殺害後、路上に出て、通行人1人を刺し、それから車を奪って市内を28時間にわたって逃走し、奪った車の持ち主や、タクシーの運転手、地下鉄の乗客などを次々と刺したんだそうですよ。
警察の話では、容疑者の男は「彼女は死ななきゃならなかった」と供述したそうですが、元交際相手の女性と、その母親の2名が殺されているため、一体どちらを指してそう供述したのか、どういう動機で殺害したのかはまだ不明と言う事ですよ。

ヾ(´ω` )いやぁ、しかし刃物持って、4人の人間を殺害した容疑者が1日以上うろうろしていたらニューヨーク市民の皆様はちょっと怖かったでしょうね。
まぁ、そういう容疑者が逃亡しているというニュースが流れていたかどうかはわかりませんが。
例え後から知ったとしても、もしかしたらすれ違っていたかもと思ったらいい気持ちはしませんよなぁ。

posted by Giselle at 23:59 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185937569
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。