2011年02月03日

エジプトで大統領派と反政府派の衝突で少なくとも8人が死亡



( ・ω・)ノというわけで緊迫しているエジプト情勢でございますなー。
記事のタイトルでは4人死亡となってますが、さっきCNNでは8人が死亡、少なくとも800人以上が負傷と言う話でしたかのぉ。
もちろん情勢が混乱した状況でありますので、正確な数字を掴むのは難しいわけですが。
カイロ中心部のタハリール広場では、昨日からムバラク大統領の退陣を求める反ムバラク派と大統領を支持する親ムバラク派が衝突して、親ムバラク派から火焔瓶が投げ込まれたり、両派ともに投石が行われたり、親ムバラク派から発砲があったりした様ですよ。

ヾ(´ω` )現在では軍がなんとか両派の間に割って入って、兵士が空に向かって警告射撃をするなどして、なんとか両派がぶつからないようにしているらしいですよ。
昨日の混乱した状況に比べると幾分マシになったと言う感じかもしれませんが。
昨日はエジプト考古学博物館ですかね、の前で両派がにらみ合っていて、おまけに火焔瓶投げ込んだりして火の手が上がったりして、博物館に被害が及ばないかヒヤヒヤしましたよ。
反ムバラク派の方は広場の死守するべく金属製のバリケードを作ってるらしいですよ。

( ・ω・)ノ今は、装甲車や戦車が何台か残っている様ですが、兵士の姿は見えないってCNNでは言ってますのぉ。
ちょっと無法状態というか、無秩序な状態なので少ない数の兵士ではどうにもならないと言う事かもしれませんのお。
ちなみに、親ムバラク派は政府からお金貰って動員されていると言う話がありますが、先程記者会見したシャフィック首相は、公式にはそういう事はないと否定していましたのぉ。
まぁ、なんとか事態を沈静化したいのを混ぜっ返されても困ると言うのはありそうですが。

ヾ(´ω` )まぁ、動員された人もいるし、実際にムバラク政権下で満足出来る状態なので、変化を望まない人もいれば、昨日も書いたようにこれ以上ムバラク大統領を追いつめたりせず、双方平和的に政権委譲について話し合うべきと言う穏健派の人もいるわけで、一枚岩というわけではなさそうですよね。
このまま無政府状態が続くのは国際的にも望ましい事ではありませんし。
とはいうものの、反ムバラク派のデモ隊は即時退陣をまだ言い続けてますからねぇ。
どうなるか事態は流動的かもしれませんね。

( ・ω・)ノさっき、広場の方で取材中のCNNの記者の人が危なくなってきたから避難するとか言ってましたからのぉ。
今のところ、昨日よりは若干マシとはいえ、まだまだ危ない状態であるのは間違いないというところですか。
そう言えばイエメンの方でも首都で反政府派と大統領派が数万人ずつデモを行ったそうですよ。
あっちこっちでドミノ倒しの様な状態になってますのぉ。

posted by Giselle at 23:46 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184007742
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。