2006年05月26日

任天堂「Wii」の値段は2万5千円以下で発売と発表

任天堂の「Wii」、2万5千円以下で発売

 任天堂は25日、今年秋にも発売する次世代の家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」の価格を、国内で2万5000円以下、米国でも250ドルを超えない水準に設定すると公表した。次世代ゲーム機では、米マイクロソフトの「Xbox360」が税込み希望小売価格3万9795円で発売中。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が日本で11月に新発売する「プレイステーション(PS)3」は税込みで6万円を超える。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/business/update/0525/148.html


( ・ω・)ノ任天堂が今秋にも発売予定の次世代家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」でありますが、価格設定を日本国内で2万5千円以下、アメリカでも250ドルを超えない水準に設定すると公表しましたのぉ。
「Xbox360」が3万9795円、「PS3」が下位機種で6万2790円ですからのぉ…。
上位機種はオープン価格ではありますが、欧米での値段から軽く7万円超えるんじゃないかと言われてますからのぉ。
それから考えると「Wii」はかなりお手ごろ価格といえそうですのぉ。

ヾ(´ω` )まぁ、画質の点では「Wii」はハイデフと呼ばれる高画質対応の「Xbox360」や「PS3」には負けるんですけどねぇ。
だけどもうグラフィックが綺麗なだけのゲームには飽き飽きと言う向きもあるでしょうからねぇ。
結局少々画質が落ちてもゲームの内容が良ければそれで良いとも言えますからね。
個人的には今の非常に綺麗な映画のようなグラフィックのゲームは、逆に感情移入がしにくいものがあるような気がしますねぇ。
昔のドット絵のグラフィックの頃の方が、プレイヤーが想像力を働かせる余地があった気がしますからね。

( ・ω・)ノまぁ、お値段がお手頃であり、ゲームキューブのソフトも遊べて、なおかつ大昔のファミコンのゲームもdownloadして遊べるということで、ヘビーゲーマーじゃない、ライトユーザーでも楽しめそうな感じではありますからのぉ。
E3でのあのコントローラをテニスのラケットの様に振ってプレイするというのも楽しそうでしたのぉ。
そう考えると結構「Wii」の方が買いかなぁって気はしますのぉ。
とにかく「PS3」はあの値段の高さがのぉ…。
余程のヘビーゲーマーで無い限り2の足を踏ませるには充分すぎるかと。
まぁ、SONYの方では「PS3」は単なる家庭用ゲーム機に留まる様なモノではないと言ってますけどのぉ。

ヾ(´ω` )次世代DVDの規格の一つであるブルーレイのプレイヤーとしても使えるそうですけどねぇ。
再生専用だったら録画も出来るタイプの方が良いかなぁ…とか、ハードディスクレコーダがあるから別に次世代DVDじゃなくても…とかねぇ。
こうなんかいろいろと2の足を踏みたくなる理由がねぇ…。
まぁ、一番の理由はどう考えても「お値段」なんですけどね。
取りあえず「Wii」が2万5千円以下で出るなら買ってみたいと言うので決まりですかね、自分としては。

参考ページ
任天堂
http://www.nintendo.co.jp/





posted by Giselle at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。