2011年01月26日

フィンランドのマンションで刺激臭発生、4人が病院へ搬送。その原因は…



( ´ω`)ノフィンランドの南部の都市エスポーにあるマンションで、24日強烈な刺激臭が建物内に充満し、急性の呼吸器障害で4人が病院に搬送されたんだそうですよ。
煙は無かったものの、防犯用などに使われる唐辛子スプレーと同じ刺激臭がして、最初に建物に入った救急隊員は呼吸困難になるほどひどい咳が出たそうで、ガスマスクを着用して、刺激臭の発生源と思われる最上階に向かったんだそうですよ。

ヾ(・ω・ )普通そんな状態だったら、テロとは言わないまでも何か異常事態が発生したと思いますよなぁ。
まぁ、強盗とかにしても、そんだけ唐辛子スプレーまいたら自分もやられそうではありますが。
まぁ、とにかく尋常ならぬ状態だったと言うわけですなぁ〜マンション全体が。
もしかすると近隣にも広がってたんじゃと思いますが。

( ´ω`)ノというわけで、決死の覚悟で乗り込んだ救急隊のみなさんが見たモノは、なんとこのマンションに住んでいる女性が、火に掛けたのを忘れて、オーブンの中で黒こげになった大量の唐辛子だったそうですよ。
確かに唐辛子を沢山熱すると、気をつけないとえらい目に遭うんですが。
一体この女性大量の唐辛子をオーブンにかけて、何を作るつもりだったんですかねぇ。
ラー油でも作る気だったのか、それとも自家製のカイエンヌペッパーかわかりませんが、えらい人騒がせでしたね。

ヾ(・ω・ )幸いに火元とじゃないな、原因となった部屋の住人の女性は、子供と一緒にベランダに避難していて治療の必要はなかったそうでありますよ。
しかしまぁ、マンション中がえらい事になる前に、気が付いてオーブンの火を止めてくれたらここまで大騒ぎにならなかったのにと思いますよな。

posted by Giselle at 23:03 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182613372
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。