2011年01月11日

アメリカアリゾナ州銃乱射事件で、容疑者が出廷



( ・ω・)ノというわけで〜、アメリカはアリゾナ州トゥーソンで約20人の人が死傷した銃乱射事件で、現場で取り押さえられて逮捕され、訴追されたジャレッド・ロフナー容疑者(22歳)が、現地時間の10日アリゾナ州フェニックスの連邦地裁に出廷しましたよ。
事件は、現地時間の8日、民主党のガブリエル・ギフォーズ下院議員が、トゥーソンのスーパーマーケット前で開いていた集会で、ロフナー容疑者がギフォーズ議員の頭部を至近距離から銃撃し、続けて銃を乱射したというものでした。

ヾ(´ω` )いやぁ、9日の朝は起きて、Twitter見たらこのニュースで宇宙クラスタ騒然でしたね。
というのも、このガブリエル・ギフォーズ議員の夫は、NASAの宇宙飛行士で今のところ最後のシャトルの飛行予定となっているSTS-134のコマンダーであるマーク・ケリーさんなんですね。
更にこのマークさんは双子の宇宙飛行士として有名で、双子の兄弟のスコットさんは現在国際宇宙ステーション(ISS)のコマンダーとして長期滞在中なんですよね。

( ・ω・)ノそんなわけで、CNN.comもチェックしながら、CNN-jが見られるのでBreaking Newsを聞きながら、Twitterに情報を流したりしていましたよ、9日は。
この事件では9歳の少女や連邦判事を含む6人が死亡、14人が負傷、この14人の内ギフォース議員以外に7人が入院中で、5人が重体だと言う事ですよ。
なお、ロフナー容疑者は判事殺害の罪で死刑が求刑される見込みだそうですよ。
取り調べに対しては黙秘を続けているそうで、出廷した際も判事の質問に「Yes」と答える以外はほとんど何も語らなかったとの事です。

ヾ(´ω` )罪状認否は24日に行われ、起訴するかどうかを決める予備審問が始まるということですね。
容疑者が黙秘していると言う事で、まだ動機などがわかってないんですよねー。
容疑者宅の禁固の中から、ギフォーズ議員から07年8月付で集会への参加に感謝を述べた手紙が見つかったり、容疑者の署名入りで事前にギフォーズ議員の暗殺を計画していた事を伺わせる封筒が見つかったりはしていますが。
容疑者は、政府への批判を口にし、捜査当局を脅迫した前歴があり、CNNのニュースでは高校時代に薬物使用で問題を起こしたりした事もあったようで、精神的な問題を抱えていた可能性もあるということでしたね。

( ・ω・)ノ一方、至近距離で銃撃されたギフォーズ下院議員でありますが、弾丸は左脳の後ろから前に貫通しているものの、医師の指示通りに指を握り返すなど、致命的な部分には達していない状態で、回復の可能性については楽観的な見方をしている様です。
しかし、頭部に銃撃を受けた場合は一般的に3日目が山になるんだそうですよ。
現在は、脳への負担を最小限にするために、麻酔で人工的に昏睡状態に置かれているそうでありますが、これは脳の手術などをした時にはよく使われる方法でありますのぉ。

ヾ(´ω` )アメリカでは全国で半旗が掲げられている中、オバマ大統領は10日朝、国民に黙祷を呼びかけました。
国際宇宙ステーションでも同じように黙祷が行われた様子が、NASATVでも流されてましたね。
オバマ大統領は、現地時間12日にトゥーソンを訪問する予定だと言う事ですよ。

posted by Giselle at 23:47 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180217095
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。