2010年12月14日

ふたご座流星群のピークは14日夜〜15日未明に



( ´ω`)ノというわけで、今夜から明日の未明にかけて「ふたご座流星群」が極大を迎えますよ。
ふたご座流星群は毎年多くの流星を見せてくれる流星群なんですが、今年も真夜中以降は月が沈んじゃうので、流星見物にはもってこいの夜空なんですよ。
国立天文台でもふたご座流星群の活動が活発になる12月13日の夜から16日の朝までの3夜の間に15分以上星空を眺めて、結果を報告ページから報告してねという「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンをやってますよ。

ヾ(・ω・ )ふたご座流星群はふたご座方向を中心として、流れ星が放射状に流れる様に見られる事からふたご座流星群と呼ばれているわけですのぉ。
ただし、実際には流星は夜空のどの方向にもまんべんなく現れるので、出来るだけ夜空全体が見渡せる様な場所が流星を見るのにはいいんですよなー。
ちなみに街中だと、街灯等の人工の灯りが多いため、夜空が明るく、1時間に5個程度見られれば良い感じですかのぉ。

( ´ω`)ノ街から離れた夜空の暗い所でなら、50個位流星が見られる可能性もあるんですけどねー。
後困った事に、寒気が降りてきているのであちこちお天気の悪い所が多いみたいですね。
東北地方とか北の方では雪が降っちゃったりしてる所もあるみたいですし。
今ちょっと空を見上げてみたんですが、空がなんか明るくて1等星は見えますが、オリオン座の三つ星もよく見えない感じでしたねぇ。

ヾ(・ω・ )まぁ、夜中になったらもうちょっとマシになるかもしれませんが、さすがにそれは明日仕事なので無理がありますよなぁ〜。
流星は、宇宙空間にある直径1oから数p程度の小さなチリが地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同時に光って見える現象なんですが、このチリの粒を地球の軌道上にばらまいているのが彗星というわけでありますのぉ。
彗星の撒いたチリは彗星の軌道上に帯状に存在しているわけですが、それが地球の軌道と交差している所では、沢山のチリが地球の大気に飛び込んでくるので、流星が沢山見られるというわけですのぉ。

( ´ω`)ノ彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっているので、特定の時期に、特定の流星群が出現すると言うわけですねー。
で、一般的には放射点のある星座の名前をとって「○○座流星群」と呼ばれる訳ですね。
「ふたご座流星群」の場合は、ふたご座の1等星「カストル」の近くに放射点があるので、「ふたご座流星群」と呼ばれているわけですね。
後、放射点の高度が低いとチリが大気に斜めから飛び込んでくるので、チリの数が少なくなり、流星がほとんど見られないんだそうですよ。

ヾ(・ω・ )流星を沢山見ようと思ったら、放射点の高度が高くなるに従って流星の出現数が多くなるのを狙うというわけですのぉ。
後、面白いのはさっき彗星がチリをまき散らした跡が地球の軌道と交差した所で流星群が発生すると書いたけど、「ふたご座流星群」のチリの元となった母天体は彗星じゃなくて小惑星「ファエトン」である可能性があるんだそうですよ。
つまり、小惑星「ファエトン」は大昔は彗星だったのが、チリを放出し尽くしてしまって、その残りが小惑星になってるんじゃないかと考えられているんだそうですよ。

参考ページ
国立天文台
http://www.nao.ac.jp/
「ふたご座流星群を眺めようキャンペーン
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20101213/
posted by Giselle at 23:31 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173365978
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。