2010年12月08日

金星探査機「あかつき」金星周回軌道投入失敗も、6年後にもう一度チャンスが!



( ・ω・)ノというわけで、昨日金星の周回軌道に投入されるはずが、トラブルが発生して通信の回復が遅れたり、通信速度が遅い代わりに通信可能な角度が広い低利得アンテナとしか通信出来なかったり、セーフホールドモードに入って、コマのようにくるくる回っている状態だと言う事が判明した日本初の金星探査機「あかつき(PLANET-C)」でありますが、あれからテレメトリ等の確認から軌道が判明しまして、その結果残念ながら金星周回軌道へは投入できていなかった事が判明しました。

ヾ(´ω` )どうやら逆噴射中になんらかの理由で姿勢を崩した事をセンサーが察知してしまったために、途中で逆噴射をやめてしまい、その為必要な減速が出来なかったのが原因の様です。
ただ、なぜ逆噴射中に姿勢を崩した(実際に姿勢を崩したとして)のかは不明です。
センサーの故障と言う事も考えられなくはないんですが、現在では3軸制御を取り戻して高利得アンテナでの通信が確率しているそうなので、センサーが故障してたら元の姿勢には戻れないんじゃないかと思いますしね。

( ・ω・)ノなんかデータを見ると逆噴射してる途中で思いっきり、そりゃあもうホントに思いっきりとしか言いようがない位に姿勢を崩したって感じなんですけどなー。
その割には綺麗に姿勢が戻ったなぁ〜と言う感じですよなぁ〜。
なんといいますか、逆噴射中になんかにつまずいてすっ転んだか!と言う感じで。
いやまぁ、姿勢が戻ってくれて本当に良かったんですけども、データ見るとよくまぁ…って感じになりますよなぁ。

ヾ(´ω` )ちなみに〜、今回は金星の周回軌道に乗る事に失敗しましたが、実は6年後にもう一度周回軌道に投入出来るチャンスが回ってきます!
今は、残ってる燃料を全部使っても金星の周回軌道には入れないんですが、このまま金星の側で太陽の周りを回っていると、「あかつき(PLANET-C)」が11周目を回っている時に、もう一度金星に接近する機会があるんですね。
というわけで、プロジェクトチームでは6年後に向けて動き出したと言う事ですよ。

( ・ω・)ノまぁ、その前にどうして姿勢を崩してしまったのか、実際になにかトラブルがあって本当に姿勢が崩れたのか、それともセンサーが誤検知して実際には姿勢を崩していないのに姿勢を崩したと判断したのかを解明しないといけないですよなぁ。
他にも逆噴射の時に噴かしたセラミックスラスタ他、姿勢制御のスラスタに異常が無いかとかも調べないといけないですし、6年後までバッテリをもたせるための運用もしないといけないですし、やる事いっぱいですよな。
この調子だときっと6年なんてあっという間かもしれないですよ。

参考ページ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
http://www.jaxa.jp/
あかつき(PLANET-C)特設サイト
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/index_j.html
あかつき(PLANET-C)プロジェクトサイト
http://www.stp.isas.jaxa.jp/venus/


posted by Giselle at 23:46 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172419713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。