2010年12月03日

NASA、「地球外生命体」を探すのに重要な微生物を地球上で発見



( ´ω`)ノというわけで〜、NASAのプレスリリースではどこにも「宇宙で生物を発見した」とはなかったんですが、いつのまにやら「宇宙人を発見か!」みたいな話になってた日本時間今朝4時(アメリカ東部時間2日午後2時)からの科学上の成果に関する記者会見だったんですが、Twitter等でも色々予想が出ていましたが、「リンの代わりにヒ素ををDNA上に取り込む微生物が地球上で発見された」という発表でした。
いやもぉ、ニュースサイトならまだしも、報道機関までが「宇宙人の発見か」って煽るもんだから、このニュースにガッカリした人も多かった様ですね。

ヾ(・ω・ )まぁ、NASAは「宇宙生物学上の発見に関する発表を行う」って言ってただけで、どこにも「宇宙人」や「宇宙生物」を発見したとは書いてないんですけどな〜。
まるで伝言ゲームのようにいつのまにやら「宇宙人を発見かーっ」ってなってましたの。
充分このニュースも驚きというか衝撃なんですけどな〜。
これまで生物のほとんどはには「炭素、水素、窒素、酸素、リン、硫黄」の6つの元素から出来ていると思われていた訳ですよ。

( ´ω`)ノでもって、DNAっていうのは地球上に存在しているほとんど全ての生物が基本的には持ってるもんなんですよね。
で、DNAは「水素、炭素、窒素、酸素、リン」の5つの元素から出来ていて、これまでは例外が無かったんですよ。
それが、今回DNAの中にリンではなくて、ヒ素を取り込んでいる微生物がいたって事ですね。
今まで例外は無いと思われていたのが、例外が見つかっちゃったと。
ちなみにリンとヒ素は元素周期表で同じ族に属していて、似た様な化学的性質を持ってるんですよ。

ヾ(・ω・ )で、この見つかった微生物はアメリカはカリフォルニア州東部にある「モノ湖」で発見された「GFAJ-1」という微生物なんでありますが、塩湖な上に、アルカリ性でヒ素の濃度が高いという、およそ生物が住むには向いてない様な場所なんですなー。
通常の生物にはヒ素は毒として働きますからのぉ〜。
DNA中のリンがヒ素に置き換わっていると言う事で、DNAというのは、今まで知られていた「水素、炭素、窒素、酸素、リン」以外の元素でもDNAを作れるんじゃないか。
もしかしたら、生物を形作っている基本の6元素だと我々が思っていたのも他の元素に置き換えられるんじゃないか。
もしかしたら生物の基本的な構成単位にリンじゃない他の元素を利用する生物がいるんじゃないか。って感じに色々と広がるわけでありますのぉ

( ´ω`)ノまぁ、要するに地球外生命体を探す時に、地球の大部分の生物と同じ環境でないと生き物いないんじゃないかとついつい思いがちですが、我々の思いも寄らない元素で構成された生物がいるかもしれないぞって事ですよね。
ヒ素が多いから、ここに生物はいないな〜と思った所でも、こういうヒ素を利用する微生物がいるとわかれば生命探査からはずせなくなるというわけですよね。
もしかしたら大昔の地球は今よりヒ素が多かったという説もあるそうで、最初の生命体はヒ素を利用していたのが、リンが多くなってリンを使うようになったのかもしれないとか言う事も考えられますよね。

posted by Giselle at 23:53 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171708471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。