2010年11月04日

カンタス航空のA380がエンジン故障で緊急着陸



( ´ω`)ノこれ、お昼休みに携帯に時事通信からのニュース速報入った時は「墜落した」ってなってましてね〜。
とうとうジェット機は墜とした事がなかったカンタス航空が、よりにもよって最新鋭機のA380を墜としたか!と思っちゃいましたよ。
ロイター経由の記事だったんですけどねー「墜落か」じゃなくて「カンタス航空はCNBCに対し、同航空のA380が墜落したと述べた」って書いてありましたからね。

ヾ(・ω・ )まぁ、話がどこでどうなったのかわかりませんが、聞き間違いか、勘違いだったのかはわかりませんけども、実際には墜落しておらず、インドネシアのバタム島付近、この島はシンガポールのそばでもあって、当初シンガポール近くで爆発した、インドネシア近くで爆発したと言う情報になっていたのは、そのせいでありますなぁ。
いやぁ、なんでシンガポールとインドネシアで情報が錯綜してるんだろうと思ってGoogleマップで確認したら、なんだシンガポールのすぐそばのインドネシアの島だったという次第。

( ´ω`)ノ結局はインドネシアの西部にあるバタム島の上空で、4基あるエンジンの内の1つにトラブルが発生して、停止し、後部のカバー部分が吹っ飛んだだけで、シンガポールのチャンギ空港に緊急着陸して、乗客乗員に負傷者もなく全員無事でした。
まぁ、一歩間違えたら大事故になる所ではありましたけどね。
主翼の一部にも穴が開いてる写真もありましたしね。
まぁ、エンジンが1基止まった位なら、基本的に飛行機は何ともないんですが、というか4発のエンジンがあるなら3発までは止まってもなんとか飛び続けられる様にできてますからねぇ。

ヾ(・ω・ )まぁ、とはいうもののエンジンが火を噴いたらしいので、その光景を見たバタム島の人達は「こりゃあ落ちるなぁ」と思ったかもですよなぁ。
なにしろ爆発音がして金属の破片が落ちてきたそうですし。
さらに壊れたエンジン近くの席で、火を噴くのを見ちゃった乗客は生きた心地がしなかったかもですよなぁ。
とりあえずカンタス航空は保有する6機のA380の運航停止を発表したそうですよ。
エンジン停止の原因などが判明するまでは就航しない方針だそうですよ。

( ´ω`)ノエアバス社とエンジンを作ったロールスロイス社と協力して原因の解明に当たるそうですが、他のA380を保有している航空会社のうち、ルフトハンザ航空やシンガポール航空、エミレーツ航空は運航停止する予定は無いと言ってますね。
まぁ、エアバス社の方から飛ばさないでくれと言われたら止めるかも知れませんが。
エアバスの方ではこれは単体の問題で、A380全体の問題ではないと見ているようですけどね。
しかし、あの調子だとなんか異物を吸い込んでタービンが破損したのか、それとも何らかの原因でタービンが壊れてエンジンが壊れたのか気になる所でありますねぇ。

ヾ(・ω・ )バードストライクでも、エンジンがボロボロに壊れますもんなぁ〜。
まぁ、もちろんなんかのはずみでタービンブレードが破損した可能性もありますが。
といっても単純に勤続疲労で壊れるにはまだ早いだろ〜という感じではありますけども。
とりあえずは今後の調査が気になる所でありますなぁ。



posted by Giselle at 23:11 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。