2010年10月18日

大型で猛烈な台風13号フィリピンに上陸



( ・ω・)ノいや〜、大型で猛烈な台風13号(メギ:韓国語でなまずの意)が、18日フィリピン北部に上陸し、沿岸部で高波が発生、山間部では土砂崩れが起き、これまでに少なくとも1人が死亡したと言う事ですよ。
この台風13号何が凄いって、一時は中心気圧が885ヘクトパスカルまで行ったんですよ。
900ヘクトパスカルを下回る程発達した台風は10何年ぶりかなんだそうですよ。
そりゃあもう、進路にあたるフィリピン北部では高波が起きるは、大風は吹くはですよなぁ。

ヾ(´ω` )少しそれから上陸して勢力が落ちたと思われる18日の午後6時の時点で、中心付近の最大風速は50m/sだったそうですからねー。
そりゃあもう、激しい雨風なんて代物じゃあなかったでしょうね。
瞬間最大風速だと72m/sにも上ったそうですが、そこまで行くとなにもかも吹き飛ばされそうな勢いですよね。
この台風で約3700人の人が避難したそうですが、土砂で道路が封鎖されたり、停電が起きた場所等もあり、明日の朝にならないと詳しい被害状況はよくわからない状態らしいですよ。

( ・ω・)ノアメリカの大型ハリケーンもかくやという感じですよなぁ。
ハリケーンの強さのカテゴリーだと、カテゴリー3位ですかのぉ、風速50m/sだと。
この調子だと上陸前はカテゴリー4位の強さがあったかもですよな。
ちなみに最も観測史上強烈な大西洋のハリケーンは2005年の「ウィルマ」で気圧が882ヘクトパスカルまでなったらしいですよ。
その次の2位の「ギルバート」は888ヘクトパスカルなので、台風13号は一概には比べられませんが、最も中心気圧が低かった「ウィルマ」の次に気圧が低かったと言う事になりますのぉ。

ヾ(´ω` )台風13号は今はちょっと弱まっているけど、また南シナ海に出たら勢力が強まると言ってますねー。
CNNでもちょうどハリケーン「ウィルマ」に次ぐ勢力だと言ってますよ。
台風13号が通り過ぎようとしているフィリピンでは農作物や建物への被害が心配ですね。
それにしてもこの台風どこへ行っても大きな被害が出そうでありますね。

posted by Giselle at 23:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

台風直撃 フィリピン死者11人
Excerpt: やっぱ温暖化かなぁ [んー/]巨大台風の驚異は以前から指摘されてたしさ。香港上陸の可能性もあるらしいけど、確か経験ないから台風の怖さ知らないんじゃなかったっけ [?/]勢力があまり衰えんまま香港直撃し..
Weblog: 時々時事爺
Tracked: 2010-10-19 22:46
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。