2010年10月09日

ノーベル平和賞は中国の反体制作家、劉暁波氏に



( ´ω`)ノというわけで、本日はノーベル平和賞がノルウェーのノーベル賞委員会によって発表されましたー。
今年のノーベル平和賞は中国の反体制作家劉暁波氏に送られる事となりました。
ノルウェーのノーベル小委員会の委員長は、劉氏の「中国での基本的人権を求めた長い、非暴力的な苦闘」と称えたと言う事です。
現在、劉氏は、中国の政治改革を呼びかけた「08憲章」を起草し、ネット上で流布したとして、国家政権転覆扇動罪で実刑判決を受けて、収監されているんですけどね。

ヾ(・ω・ )というわけで〜、中国ではいきなりNHKの国際放送やら、CNN Internationalやらの放送がぶっつりと切られる事態と相成ったそうでありますよ。
当然、中国政府としては自国の政治犯が「ノーベル平和賞」という国際的な権威のある賞を受賞したと知られては、国民に示しがつかないからでありますなー。
まぁ、もっともすでにノルウェーのノーベル賞委員会に「劉暁波に平和賞を授与すれば、中国とノルウェーの関係は悪化するだろう」と圧力を掛けているのもばらされちゃってますし。
「『やるなよ?絶対にやるなよ?』は『やれ』と言う事だな」と言わんばかりに劉氏に授与したノルウェー・ノーベル賞委員会はお笑いのセンスも解しておいでのようですな。

( ´ω`)ノまぁ、ノーベル平和賞は他の賞と違って、いろいろと政治的な含みがあったりしますのでねー。
というか、いらん事言わなきゃ良かったのに中国政府という感じではありますなー。
一応不快感を公式に表明したようではありますが、これで劉氏を自由にするわけにもいかないけども、何かにかこつけて死刑(や暗殺)にする事も出来ないし、みたいな状況になったんじゃないですかねー。
ちょうどミャンマーのアウンサンスーチーさんに軍事政権が手出しも出来ないが自由にするわけにもいかないような状態に陥っているのと同様に。

ヾ(・ω・ )ところでー、ノーベル賞と言えば他の賞はみんなスウェーデンなのに、なんで平和賞だけノルウェーなのかとお思いの方もおいでかもですが、実はスウェーデンとノルウェーはノーベルの遺言によってノーベル賞が創設された時には同じ王様を戴く「同君連合」を組んでまして、一説にはノルウェーとスウェーデンの和解と平和を祈念して、ノルウェーで行う事にしたとか。
というわけで、平和賞だけはスウェーデンじゃなくて、ノルウェーが選定して授与してるんですなー。



posted by Giselle at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。