2010年06月28日

「幻のゴール」にテクノロジーの導入を求める声が再燃か



( ・ω・)ノまぁ、確かにあのイングランドとドイツの試合の誤審はないですよな。
あの誤審が試合の流れを変えちゃった感がありますよ。
ランパードのシュートが入っていたら、イングランドが同点に追いついていたわけで、そうなっていたらあの試合どうなっていたかわからないんじゃないかなぁとか思っちゃいますよなぁ。
特に後半は、イングランドはなんとか点を取りに行こうと前に出て行った所を、ドイツにカウンターを決められてという感じでしたし。

ヾ(´ω` )これでまたビデオ判定の導入を求める声が高くなりそうですよね。
オフサイドは難しいかも知れませんが、少なくともボールがゴールラインを越えたかどうかならすぐにできそうですしね。
特にドイツ−イングランド戦のランパードの幻のゴールは、ビデオで見たら明らかにゴールラインを越えているのが見えてましたしね。
実況の人も、TVで見ている我々も入ったと思ったわけですしね。

( ・ω・)ノアルゼンチン−メキシコ戦でも、あきらかにオフサイドだったのにゴールが認められたとかあったそうですからのぉ。
人間だから間違いがあるのは仕方がないとしても、あんまりにも試合に大きな影響を与えるようなミスや、明らかに他の人にもミスとわかるような大きなミスが、W杯の様な大きな試合で起きるのは好ましくないですよなぁ。
まぁ、昔から運も実力の内とはいいますが。

ヾ(´ω` )オフサイドラインは変動するので、ビデオなどを使っての判定は難しいかも知れませんが、少なくとも上にも書いたとおりボールがゴールラインを越えたかどうかの判定はすぐにでも出来そうですし、ぜひとも取り入れて欲しいと思いますよね。
勝った方もイマイチ気分が良くありませんし、負けた方も納得がいかないでしょうしね。
これでイングランドとドイツの間にはまた一つ因縁が増えちゃいましたねぇ。

posted by Giselle at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154767294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。