2010年06月21日

W杯イングランド代表チームのロッカーに男性が侵入、試合内容に苦言?



( ´ω`)ノてなわけで、2010年ワールドカップ南アフリカ大会真っ最中ですね。
ヨーロッパの強豪国がなんだかグループリーグで苦戦している所が多いですが、そんな苦戦してるヨーロッパの強豪国の一つがイングランドでありますね。
そんなイングランド、先日もアルジェリア戦で0-0のスコアレスドローで終わってしまい、1試合目に続いて引き分けで勝ち点1しか取れなかったんですねー。
そんなアルジェリア戦の直後に、イングランド代表のロッカールームに男性ファンが入り込んで、試合内容に苦言を呈したという騒動があったらしいですよ。

ヾ(・ω・ )まぁ、もっとも男性本人はトイレを探して迷い込んだと言ってるそうですが。
この騒動が起きたのは試合が終わって45分後の事だそうで、男性の言う事にはスタジアム内でトイレを探していて、偶然イングランド代表チームのロッカールームに辿り着いてしまったとのこと。
ロッカールームにたまたま、元イングランド代表キャプテンで、今大会はスタッフとして同行しているベッカムさんがいまして、男性はベッカムさんに代表チームの試合振りに対して苦言を呈したと言う次第。

( ´ω`)ノ問題は、たまたまこの騒動が起きる数分前にイギリスのウィリアム王子とヘンリー王子がロッカールームを訪問していた事から、スタジアムの警備が甘いと、イングランド代表チームがFIFAに公式に抗議し、FIFAも警備員が男性を追い払っただけで、拘束しなかった事について不快感を示したわけですね。
というわけで、後で南アフリカの警察が男性の宿泊してるホテルを突き止めて、逮捕する事態になっちゃったと。

ヾ(・ω・ )当のベッカムさんは「大げさすぎ」、王子2人も「ドア開けっ放しで帰っちゃったからかな〜」ジョークを言う位なので、そんな大したことじゃないのにという感じなんですけどなぁ。
まぁ、なんか今回の大会は元々南アフリカは犯罪率が高い国と言う事で、治安問題が最大の懸念だったわけなんですが、なんか給料の額をめぐって警備員が一斉ボイコットをしたスタジアムがあったりと、警備員との間に問題がおきてるらしいですよ。

( ´ω`)ノ警備する警備員さんと揉めてるんじゃねぇ〜という感じですね。
警備員さんがボイコットしたスタジアムでは警官がスタジアム警備を代行したりしたそうでありますが。
まぁ、アフリカの場合は代表チーム自体が、ボーナスの額でもめたりしてる事もありますが、お互いにもうちょっと何とかならないのかという感じもしますねぇ。
まぁ、その位貧しくて切羽詰まっている場合が多いと言う事もあるんでしょうけども。

posted by Giselle at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154022658
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。