2006年03月01日

送金メール問題、永田寿康議員謝罪会見、野田国対委員長は辞任へ

送金メール:民主、声明で全面降伏 前原氏党内基盤も打撃

 民主党は28日、ライブドア前社長の堀江貴文容疑者が武部勤・自民党幹事長の二男への送金を指示したものと指摘したメールについて「本物ではない」と断定し、遺憾の意を示す党声明を発表、前原誠司代表が記者会見で国民や武部氏と二男に謝罪を表明した。メール問題を国会で取り上げた永田寿康衆院議員を6カ月の党員資格停止処分とし、永田氏の説明をうのみにした責任を取るとして野田佳彦国対委員長が辞任した。ライブドア事件追及で与党に攻勢をかけていたはずの民主党はメール問題へのずさんな対応で国民の信頼を損ない、前原氏の党内基盤も大きな打撃を受けた。(後略)

元記事:Mainichi-INTERACTIVE
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20060301k0000m010087000c.html


( ´ω`)ノというわけで本日28日午後に民主党永田寿康議員はライブドア事件を巡る「堀江メール問題」いや、いまや「送金メール問題」と言うべきですかね、について国会内で野田国対委員長、鳩山幹事長同席の元に注目の記者会見を行ったわけですね。
一応この場で「信憑性について充分な調査が進まないままに質問に至った」と言う事は認めて、「自分の質問で迷惑をかけ国会を混乱させた」事については謝罪した訳なんですけどねぇー。
ちなみに自分の進退については鳩山幹事長任せだそうですよ。
やめるやめると言ってた癖にあっさりと撤回する所もしっかりと政治家してますね。

ヾ(・ω・ )民主党の方では議員辞職は求めずに半年間の党員資格停止処分にするそうですけどのぉ。
それにどれほどの意味があるのか…と考えると微妙というか、甘いというか。
これからも「永田寿康」という爆弾を抱え込み続けると選んだ所はスゴイですのぉ。
何しろまだ3期目なのに今回を含めて5回も懲罰動議を出されてる位ですからのぉ。
「爆弾発言」で派手な言動も良いですけども、今回みたいに裏付けのないままにやらかされたら、タダでさえもボロボロの民主党がそのまま空中分解しそうですけどのぉ。

( ´ω`)ノしっかし、あのメールを「間違いなく真正と確信」したって…人が良いのか世間知らずなのか、あんまりお利口さんとは言い難いですねぇ。
まぁ、多分世間知らずでひっかけやすそうだからこそ、ネタの配布先に選ばれたとも考えられますけどね。
所でその情報を渡したという「フリー記者」、週刊誌などでは具体的な名前とかが挙がっているみたいですが、それを見る限りはあまり信用の出来る人物でも無さそうなんですけどねぇ。
よほど人を見る目がなかったと言うべきでしょうかね。

ヾ(・ω・ )若いから一発当てて有名になりたかった永田議員が上手い事利用されたと言うべきなんですかのぉ。
それにしても民主党、国会質問とか議員個人任せにしないでもうちょっとチェックをしっかりしないとですのぉ。
何しろ個人で質問してる訳じゃなくて、党の看板を背負って質問してるわけですからのぉ。
ちゃんとした裏付けの調査もせずに言ってみましたじゃ済まないと言う事が、これでよくわかったんじゃないですかの。

( ´ω`)ノまぁ、質問の前にきちんと裏付けを取るというのは基本中の基本の様な気がするんですけどね。
永田議員本人の資質の問題もある様な気がしますよ、こうなってくると。
なんて言うか「浅慮」って言うか「軽挙妄動」っていうかねー。
ま、要するに東大出て大蔵省に入ったからって本当の意味で「頭のいい」人間かどうかって言うのは別って事ですかね。
もしかしたら本当にお金の流れがあったかも知れませんが、彼のおかげで全部ぱぁ〜って感じですからねー。

ヾ(・ω・ )実際の所、怪しげなお金の動きがあれば東京地検特捜部が見逃すはずもないとは思うんですけどのぉ。
ま、少なくとも銀行振込って事はないでしょうのぉ、そんな事してたら東京地検特捜部が気が付かないはずがないですからのぉ。
それにしても、民主党としてはこれで一応の幕引きとしたい所なんでしょうけども、自民党の武部幹事長は法的手段をとると言ってますしのぉ。
国会での懲罰動議もあるわけで、まだしばらくはこの問題の波紋がつづきそうですのぉ。

参考ページ
Wikipedia「永田寿康」議員についての項目。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E7%94%B0%E5%AF%BF%E5%BA%B7









posted by Giselle at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ニュース【国内】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 永田議員の『党員資格停止』とは具体的にはどういう処分なんですか?6ヶ月間議員活動はしない事ですか?その期間中の給料は貰えないのでしょうか?
 今回の{堀江メール}騒動の民主党が行った事態収拾をみていると、”前原少年探偵団”がやってしまった大失敗の尻ぬぐいを、蚊帳の外に置かれていた鳩山由紀夫幹事長に、すべて押しつけて乗り切っていこうとしているように思えてならない。鳩山氏が幹事長への就任を受諾した時、(個人的には大金持ちにも拘わらず)貧乏籤を引いてしまったなと思ったが、今当に現実となってしまったようだ。
 ここで解せないのは、前原代表が”処分なし”とされ責任が回避されてしまったことだ。テレビなどで”メールの信憑性はかなり高い、また振り込まれた銀行
口座についてはさまざまな所から情報が寄せられ国内だけでなく海外の銀行口座も把握している”と言い続けてき、さらに党首討論において小泉純一郎自由民主党総裁に向かい、与党が応ずる訳のない「国政調査権」の発動を絶叫してみせた前原氏が、昨日午後7時の記者会見では、一転して今までの主張を否定し、国政調査権も取り下げる発言をした。前原氏は、恐らく国民を欺き、自己の保身と延命の為に与党首脳と裏取引をしたのだろう。隠れ自民党員とも言われる前原誠司民主党代表が”今後真相を徹底究明していくことが私の責任であり、野党第一党である民主党の役目である”と大見得を切ったが余りにも白々しく、よく言うよと思った。
 それにしても民主党は、自民党と違い『人材』が極めて乏しいのだなぁ。こんな状況で日本に二大政党制なんて果たして実現するのだろうか?甚だ疑問だ! 
 いずれにしろ今回の民主党のケジメのつけ方は、上にいくに従い処分が軽くなるなんて、一般国民の目からすると可笑しいよ。
Posted by つぶやき at 2006年03月01日 02:22
>つぶやきさま
そうですね、具体的に書いてある所がほとんどないので、推測にはなりますが、民主党員としての活動が出来ないと言う事でしょうから、例えば代表を選ぶ為の選挙権の停止、万が一解散総選挙になっても党の公認が貰えないとか、党からの助成金が貰えないとかと言う事だと思います。
要するに党に属していても一切党の運営にかかわる事が出来ず、なおかつ何かあっても党の後ろ盾は無いと言う事でしょうか。
だから、民主党議員として国会で質問に立つと言う事も無くなる可能性はありますね。
まぁ、余り意味のある処分とも思えませんねー、世の中には無所属の議員も沢山居るわけですし。
せいぜい万が一選挙になった時に小選挙区で落ちても、比例で受かると言う可能性が絶たれる位でしょうか。

鳩山さん、会見の場で極めて不機嫌な顔してましたからねぇ。
本気で幹事長やめたかったんでしょうね、今の執行部に付き合ってられないと言う感じでしたね。
前原代表が処分無しというのは、今の民主党の代表を誰もやりたがるとは思えないので、お前が代表を続けろと言うある意味一番の罰ゲームなのかもしれませんよ。
ついでに自民党はこのままの方が色々オイシイのでやめろとは表だって言わないでしょうしね。
民主党は左端は社会党出身で右端は自民党出身とバラエティに富みすぎてますからねぇ。
元々まとまる物もまとまらない寄せ集め状態だと思うので、どうにもこうにもですね。
Posted by Giselle at 2006年03月01日 03:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。