2009年12月14日

ふたご座流星群13〜14日にピーク



( ´ω`)ノというわけで〜、ふたご座流星群が13日〜14日にピークを迎えますね。
まぁ、流星群の流星はピークの時しか見られないってわけじゃなくて、活動期間中ならピークの時よりは少ないですが、普段よりは流星を見る事が出来るんですよー。
ふたご座流星群なら今年はだいたい12月11日頃から16日頃まで続くそうなので、一度見てみるのもいいかもですねー。

ヾ(・ω・ )ちなみに今夜12月14日は大体夜の22時頃から翌15日の午前3時頃までが流星を観察するのに良い時間帯と言う事らしいですよ。
だからちょっと今窓を開けて見るのもいいかもですのぉ。
まぁ、国立天文台のページによれば、オススメは0時〜1時頃らしいですが。
ふたご座流星群の場合は「放射点」といって、流星群に属する流星が放射状に飛び出してくるように見える、天球上の1点が、一晩中夜空にあるので、ほぼ一晩中見る事が出来るんでありますよ。

( ´ω`)ノふたご座流星群は1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並んで年間三大流星群にもなっていて、条件が良ければ毎年1時間に20個〜30個位、4等星位まで見える様なら空なら15〜20個、市街地みたいな明るい夜空の所だと1時間に5個位はみえるんだそうですよ。
毎年ほぼ決まってある程度多くの流星が出現して、当たりはずれが少ないので初めて見ようと言う人でも見やすい流星群なんだそうですよ。

ヾ(・ω・ )普通こういう流星群には「母天体」と言って、流星群の素になるチリを放出している天体があるんですが、このふたご座流星群は長い間母天体が不明だったんですよ。
まぁ大体はなんかも太陽の周りを回っている周期彗星なんですけども。
彗星が太陽の近くを通る時に太陽の熱で加熱されてダストを放出したチリの帯を残していくわけなんですが、このチリの帯を地球が通過した時に流星群が見られるというわけでありますのぉ。

( ´ω`)ノ今ではふたご座流星群の母天体は小惑星「ファエトン」だとされてますね。
この「ファエトン」はかつては彗星だったのが、太陽の周囲を好転する周期が1.43年しかなかった為にガスやチリなどの揮発成分を放出し尽くした天体だろうと考えられています。
つまりかつて彗星だった頃に放出したチリの帯がふたご座流星群となっているということですねー。
今のところ活動が確認されている流星群で母天体が小惑星なのはこのふたご座流星群だけということですよ。

ヾ(・ω・ )国立天文台では「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンをしていて、12月11日〜15日の朝までの4夜の間に15分以上星空を眺めて結果を報告してくださいと言う事なので、ちょっと寒いですが暫く夜空を眺めて流星が見えたかどうか報告してみるのも面白いかもですよ。
もちろん毎日しないといけないわけじゃないし、見えなかったと言うのも立派な報告なので、宜しくお願いしますということだそうですよ。

参考ページ
国立天文台
http://www.nao.ac.jp/
国立天文台「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーン
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20091211/



posted by Giselle at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。