2006年02月21日

M-Vロケット8号機による「ASTRO-F」の打ち上げは雨の為延期に

M5ロケット8号機、雨で打ち上げ延期

 宇宙航空研究開発機構は21日、赤外線天文衛星アストロFなどを搭載したM5ロケット8号機の打ち上げを延期すると発表した。(後略)

元記事:YOMIURI ON-LINE
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060221i302.htm


( ・ω・)ノというわけで、非常に残念ではありますがM-V8号機による赤外線天文衛星「ASTRO-F」の打ち上げは降雨が激しくなった為に本日の打ち上げは中止となってしまいました。
ちなみに上記の記事で「ASTRO-F等」となっているのはサブペイロードとして超小型衛星「CUTE-1.7+APD」とソーラーセイル膜面展開実験用の機材が積まれているからなんですのぉ。
それにしても、打ち上げの直前に雨足が強くなって中止になったのは残念でしたのぉ。

ヾ(´ω` )まだ次の打ち上げ日は決まってない様ですが、予備期間が平成18年2月22日(水)〜2月28日(火)の間あるので、まぁどこか1日天気の良い日があれば、M-Vロケットは全段固体燃料ロケットなのですぐに打ち上げ準備が出来ますからねぇ。
「ASTRO-F」は太陽同期軌道に乗せないといけないので、朝の日の出の頃か夕方の日の入りの頃しか打ち上げられませんからねぇ。
で、その内夕方は北に向かって打ち上げないといけなくなるので、万が一事故が発生した場合に人家に被害が及ぶと言う事で、今日みたいに南の海の方に向かって打ち上げられる早朝に打ち上げるしかないんですよねぇ。

( ・ω・)ノま、とりあえずは宇宙科学本部(ISAS)の次回打ち上げ予定の発表待ちですのぉ。
NASAの冥王星探査機「ニューホライズンズ」の時に比べればローンチウィンドウの時間がそれ程ずれる訳じゃないし、寝て起きるにしても中途半端な時間にもならないのでまだマシな方ですかのぉ?

(18:24追記)
ヾ(´ω` )延期になった打ち上げですが、その後JAXAからプレスリリースが出まして、打ち上げは明日2月22日(水)午前6時28分に行う予定になりました。
まぁ、1日丸々ずれ込むだけですね。
M-Vロケットは固体燃料ロケットなので液体燃料ロケットであるH-2Aと違って燃料の抜き取り再充填の手間がないので、こうしてすぐに打ち上げられる訳ですね。
と言うわけで明日の早朝を楽しみにしましょう。
今度は天気が良くなるといいですねぇ。

参考ページ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
http://www.jaxa.jp/
ASTRO-F/M-V-8カウントダウンページ
http://www.isas.jaxa.jp/j/countdown/index.shtml
打ち上げLive中継ページ
http://jaxa.tv/
JAXA打ち上げ延期に関するプレスリリース
http://www.jaxa.jp/press/2006/02/20060221_m-v-8_j.html
松浦晋也のL/D(松浦さんが現地内之浦から色々と情報を書いてらっしゃいます)
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/









posted by Giselle at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。