2009年12月02日

アイルランド、W杯の33番目の出場国にはなれず



( ´ω`)ノというわけで、残念ながらアイルランドの33枠目での出場は「不可能」という発表が国際サッカー連盟(FIFA)から出されました。
これによりアイルランドが来年南アフリカで開催されるサッカーW杯に出場出来る可能性は無くなったということでありますね。

ヾ(・ω・ )アイルランドは、欧州予選のプレーオフで、フランスと対戦したんでありますが、11月18日に行われた第2戦の延長前半で決勝点を取られて敗退したわけなんですが、その際にフランスのFWアンリのハンドによる「神の手」アシストが見落とされていた訳なんですよなー。

( ´ω`)ノ当然納得がいかないアイルランドは、フランス側に再戦を申し入れるも受け入れられず、FIFAの方にそれなら33番目の出場国としてW杯出場を認めてくれないかと申し入れていたという次第でありますね。
そこで、FIFAのブラッター会長が2日に行われるFIFAの臨時理事会でアイルランドのこの要請について話し合うと明言していた訳なんですね。

ヾ(・ω・ )だけども結果は残念ながらアイルランドが33番目の出場国としてW杯に出る事は無いということになったわけでありますなー。
ほんとはアイルランドとフランスで再戦するのが一番納得がいく方法だったとは思うんですけどなぁ〜。
何しろ当の本人であるアンリも「ハンドだった」と認めてた訳ですし。

( ´ω`)ノまぁ、審判からはそれが見えなかった訳なんですが、ビデオにはしっかりと映ってましたしね。
とりあえず来年のW杯にはアイルランドは出場出来ないと言う事になりましたが、FIFAは消極的だそうですが、ビデオ判定の導入を考えた方がいいのかもしれませんね。
アンリ自身も風当たりの強さに代表引退しようかと思ったそうですし。
いずれにしてもスッキリしない話になってしまいましたねー。


posted by Giselle at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134546855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。