2009年07月03日

マイケル・ジャクソンの死を利用したウィルスメールにご用心



( ・ω・)ノこれまた案の定と申しますか、先日急死したマイケル・ジャクソンの未発表曲や写真の添付を装ったウィルスメールが出回っている様でありますよ。
まぁ、元々セキュリティ企業からは、マイケル・ジャクソンの死に便乗したウィルスメールやら便乗spamやらが出る事が予想されて警告はされてましたけども。
このウィルス付きメールは「Remembering Michael Jackson」と言う件名で送信されていて、ZIPファイルが添付されていると言う事ですよ。
このファイルを開くとウィルスに感染するというわけですのぉ。

ヾ(´ω` )ITMediaの記事によりますとSymantecでの名前は「W32.Ackantta.F@mm」と言うワームで、Symantecで調べた所、「リムーバブルディスクを介して拡散し、自分自身の添付ファイルを含む電子メールを送信する、大量電子メール送信ワーム」だということですよ。
他にもインターネットから悪質なファイルをダウンロードする可能性もあると言う事です。
なお、autorun機能を使ってリムーバブルメディアを経由して感染するので、電子メールだけでなくUSBメモリなども要注意ですよ。

( ・ω・)ノまぁ、要するに誰から来たのかよくわからない電子メールの添付ファイルは迂闊に開くなと言う、ウィルス感染予防の鉄則を守れということでありますのぉ。
日本だと英文メールを日常的にやりとりする人以外は、英語という時点で見もしないでゴミ箱行きの可能性もあるかと思いますけども。

ヾ(´ω` )まぁ、マイケルがそれだけ世界的なスターだったかと言う事なんでしょうけども、それだけにそれを利用して悪い事をしようとする輩は許し難い物がありますね。
こういう手口は色々と有名人の名前を変えて以前からあるものなので、充分に気を付けていれば防げるものではあるんですけどね。

参考ページ
ITMediaニュース
M・ジャクソンさんの訃報に便乗した波状攻撃、今度はワーム出現



  
 
posted by Giselle at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122748136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。