2009年05月21日

国内の新型インフルエンザ感染者は300人近くに



( ´ω`)ノはい、というわけで宇宙でハッブル宇宙望遠鏡の修理が行われている間に、神戸と大阪で国内感染と思われる新型インフルエンザの患者が確認され、その後も確実に確認された患者は増えていき、自分が住んでいる自治体(関西ですが)もバッチリ「感染拡大防止措置を図るための地域」のストライクど真ん中ですね。
まぁ、だからと言って何が変わるというものでもないんですが。
ほぼ普通に通常の社会生活が送れてますからねー。

ヾ(・ω・ )まぁ、会社から通勤時にはマスクをするとか、同居家族に感染が確認された人がいる学校・会社等に所属してる人がいる場合は7日間自宅待機、とかうがい手洗い励行忘れずに〜…って位ですよなー。
あ、そうそう今日から仕事場のドアの前に消毒ジェルが置かれてましたなー。
気になる人はこれで消毒してよ、と言う感じでありますよ。
お店にマスクがないのは、どこでもあんまり変わりないかもですが。

( ´ω`)ノそう言えば今日久しぶりにマスク売ってるの見ましたよ。
しかも見た時には売れ残ってましたよ。
どーして?と思ったら若いお嬢さん向けの「デコマスク」でしたよ。
色がパープルやらピンクなのはまぁ良いとして、きらきらのラメシール付きでした。
あんまりにも使う人を選ぶ商品だったので、この状況でもなかなか売れなかった模様。
さすがに中高生のお嬢さん方ならともかく、あのマスクはお父さんとかには無理がありすぎでしょうね。

ヾ(・ω・ )だんだん関東の方でも増えてきましたし、京都の方でも感染者が確認されましたしのぉ。
しかし、関西の件を見るにすでに国内で人−人間で感染してるとしか思えないわけで、すでに2次3次と感染してるんじゃないかと考えると、この新型インフルエンザが騒ぎになる前にすでに入り込んでいたんじゃないかと思われたりしますのぉ。
新型インフルエンザだと確認されるまでは「A型のインフルエンザ」でしか無かったわけですしのぉ。

( ´ω`)ノ神戸の件も今の季節にえらくA型インフルエンザの患者が多いなぁとおかしく思ったお医者さんが、海外への渡航歴は無いけど念のために…と遺伝子検査に出したら「新型インフルエンザ」だったわけですしねー。
鳥インフル由来のものと違って、簡単に重症化しないようですし、症状的にも普通の季節性インフルエンザと余り変わらないらしいので、ほんとに遺伝子検査しないと見分けはお医者さんでもつきませんよね。

ヾ(・ω・ )まぁ、今のところタミフルもリレンザも適切な時期に投与すれば有効でありますし、国内では処置が良いのか今のところ重症化した患者さんもいませんしのぉ。
ただまぁ、免疫が無い人がほとんどなのであんまり一気に感染して一気に寝込むと社会活動がマヒしてしまいますけどな。
そう言えば1957年以前に生まれた人は、今回の新型インフルエンザに何らかの面的がある可能性があるらしいですよ。
アメリカの疾病対策センターの人に寄れば、H1N1型ウィルスに対する免疫反応を示唆する結果が57年より以前に生まれた人達から採取した血液の分析であったそうですよ。

( ´ω`)ノH1N1型のスペイン風邪が1918年に大流行後、57年にH2N2型のアジア風邪にインフルエンザウィルスの主流が移ったそうで、それ以前にH1N1型のインフルエンザウィルスに曝された事がある57年以前生まれの人は、今回の新型インフルエンザにもある程度有効な免疫を持っている可能性があるということらしいですね。
これから研究が進むと色々ともっとわかってくるんでしょうね。

参考ページ
厚生労働省(トップの緊急情報に豚インフルエンザの情報あり)
http://www-bm.mhlw.go.jp/
厚生労働省新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
国立感染症研究所 感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
品川区豚インフルエンザQ&A


    
posted by Giselle at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型インフルエンザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。