2009年05月09日

日本国内で初の新型インフルエンザ感染確認



( ´ω`)ノというわけで、昨日成田で簡易検査の結果インフルエンザA型陽性と出て、疑い例とされた男性3人でありますが、ウィルスの遺伝子検査の結果新型インフルエンザに感染している事が確認されました。
日本国内で初めて確認された新型インフルエンザの感染者となりますね。

ヾ(・ω・ )感染が確認されたのは、昨日午後4時半頃成田空港に到着したアメリカのデトロイトからのノースウェスト航空機に搭乗していた3人でありまして、この3人は大阪府立高校の先生と2年生2人と言う事ですよ。
4月24日から今月の8日までカナダのオンタリオ州オークビルに滞在していたんだそうです。
これは府内の自治体が補助している国際交流事業だそうで、オークビル市内の高校なんかを訪問したんだそうですよ。

( ´ω`)ノカナダのオンタリオ州って結構感染者が多い地域だそうで、どっかでもらっちゃったんでしょうねー。
感染した3人は5日夜から6日夜にかけて発熱やせき等の症状が見られ、風邪薬を服用するなどしていたそうですが、現地カナダから高校に送られた電子メールではオークビルの病院での診察ではインフルエンザではないと診断されていたらしいですね。

ヾ(・ω・ )というわけで、3人の新型インフルエンザの感染者が見つかったと言う事で、彼らと一緒に行った高校生28人と引率の先生5人、近隣に座った乗客14人と担当の客室乗務員2人の計49人が感染のおそれのある「濃厚接触者」として9日朝まで空港近くの宿泊施設で待機してたんですが、今後は検疫法に基づいて、近くのホテルで10日間留め置かれて、毎日医師が健康状態を確認する事になりますのぉ。
それ以外の乗客乗員についても、検疫所が居住地の都道府県に連絡して、地元の保健所が一定期間健康観察を行う為に電話などで発症の有無を確認すると言う事ですよ。

( ´ω`)ノこれまで毎日疑い例が見つかるも空振りに終わっていましたが、今回感染者が確認されたと言う事で、水際での対策がきちんと機能している事も確認されてよかったですね。
なお、水際での阻止に成功したと言う事で、政府の行動計画としては第1段階の「海外発生期」のまま変更せず、第2段階の「国内発生早期」には移行しないと言う事ですよ。
これから国内での感染が広がる様だと変更になるんでしょうけどね。

参考ページ
厚生労働省(トップの緊急情報に豚インフルエンザの情報あり)
http://www-bm.mhlw.go.jp/
厚生労働省新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
国立感染症研究所 感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
品川区豚インフルエンザQ&A


        
posted by Giselle at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型インフルエンザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。