2009年05月05日

空港等で新型インフルエンザの疑い例が3例報告される



( ´ω`)ノというわけで、昨日ロサンジェルス発の旅客機で成田に到着した女性からA型インフルエンザ陽性の反応が出て、ウィルスの遺伝子検査が行われた訳なんですが、こちらの方は季節性インフルエンザの「Aソ連型(H1N1)」だと言う事が判明いたしました。
やっぱり「Aソ連型」だと「インフルエンザA(H1N1)」と似ているので遺伝子検査の方も時間が掛かるみたいですね。
今日も関西国際空港、中部国際空港、京都府の方で新型インフルエンザの疑い例の報告が入っていると言う事でありますよ。

ヾ(・ω・ )えー、この内関西国際空港と中部国際空港の方は小学生の女の子と中学生の女の子で、それぞれサンフランシスコ発、デトロイト発の航空機で帰国したんですが、簡易検査でA型インフルエンザの陽性反応が出たと言う事で、遺伝子検査に回されているということでありますな。
もちろん近くに座っていた人達も、結果が出るまでは留め置きと言う事になってしまいますのぉ。
京都府の方はメキシコから今月3日に帰国した女の子で、インフルエンザの簡易検査ではA型もB型も陰性だったそうですが、症状がインフルエンザの様に39度代の発熱と喉の痛みと言う事とメキシコに滞在していたと言う事で、念のために診察した医師が届け出たということですよ。

( ´ω`)ノ簡易検査は精度が8割位なんだそうで、陰性と判定されても実際は陽性だったと言う事もありうると言う事で届け出たみたいですね。
それにしてもアメリカでは新型でなくてもA型インフルエンザが流行ってるんですかね。
これだけ罹って帰ってくる人がいると、新型でなくてもアメリカに滞在する人は気を付けないとって感じですよね。
アメリカと言えば、ハワイ州の方でも新型インフルエンザ感染の疑い例が報告されたということですよ。

ヾ(・ω・ )病院と言えば、発熱しているというだけで医療機関から診察を拒否されるケースが相次いでいると言う事ですよ。
東京都だけでも2日から5日正午までに苦情が92件あったそうですよ。
中には発熱相談センターに電話して、「大丈夫だから普通に医療機関へどうぞ」と言われたのに拒否されたり、最近海外への渡航歴がないのに拒否された等の例もあったそうですよ。
これには発熱患者は全て「相談センター対応」と病院側の職員が勘違いしていたなどもあるみたいですけども、相談センターにきちんと相談してから来ている人には診察を拒否しちゃいかんですよなぁ〜。

( ´ω`)ノ医療機関がきちんとしてくれないと困りますよね。
無用な不安を煽る事にもなりますし、いざというときに患者が本当の事を言わなくなったりする可能性もありますからねー。
一方メキシコでは、当初と違って患者さんが初期の内に病院に来るようになったおかげか、
ここ最近は死者も出ず、感染拡大も収まってきたということで、6日から官公庁と企業の業務再開を決めたと言う事ですよ。
7日からは大学や高校、図書館・博物館・教会の封鎖も解除、小中学校は11日から封鎖解除だそうですが、ナイトクラブや映画館・劇場等の封鎖解除はまだ未定だそうですよ。
メキシコの人達としてはサッカー場の封鎖解除はまだかーっ!って感じでしょうけどね。

ヾ(・ω・ )アメリカの方でも流行の第1波は収束しつつあると言う感じみたいですのぉ。
まぁ、これから北半球では夏になるので、インフルエンザのウィルスは活動が鈍くなるわけですが、これから冬になる南半球でこの新型インフルエンザがどうなるのかが気になる所でありますのぉ。
ことによっては北半球でも秋以降に新型インフルエンザの第2波の流行があるかもしれませんからのぉ。

参考ページ
厚生労働省(トップの緊急情報に豚インフルエンザの情報あり)
http://www-bm.mhlw.go.jp/
厚生労働省新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
国立感染症研究所 感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
品川区豚インフルエンザQ&A


         
posted by Giselle at 23:22| Comment(2) | TrackBack(2) | 新型インフルエンザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査キットがない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる・・・」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。

…。
……。
………。

感染者や感染者疑いを受け入れる、院内感染を防ぐための態勢が整ってないのに、「応召義務云々」で無理に患者を受け入れたら、院内感染が起きて「病院自体が感染源」になってしまう危険性があるんですけどね…。

感染者を受け入れるための準備が整っている「発熱外来」ならともかく、検査キットも無い、リレンザが無い、タミフルも無い、院内感染を防ぐための設備も整えられてない一般病院では、患者を受け入れられなくても仕方がないと思いますよ。

一般医療機関の現状はこんな感じです。

●タミフル・リレンザは既に出荷制限がかかっており現在は指定病院にしか入荷されない。各病院におけるそれらのストックも(当然ながら)万全ではない

●インフルエンザ検診キットは消費期限が短く、この時期に一般医療機関におけるストックはまずない。もし追加生産されても、それらは指定病院や検疫機関へ最優先に出荷される為、一般医療機関には入荷されない。

上記のように受け入れ体制が不充分な一般医療機関にてそのような患者を無理に受け入れ、新型インフルエンザによる集団院内感染が発生したら誰が責任を取るんでしょうか?
Posted by 都筑てんが at 2009年05月07日 17:25
>都筑てんがさん
( ´ω`)ノはいはい、いらさいませ、あんまりコメントが長いんで、うっかりなんかの宣伝と間違えて削除しかけたのは秘密ですよw
しかし、トラックバック飛ばしてるならわざわざ牟田口コピペ+blog本文まで貼らなくてもと思ったり。
ちゃんと承認後表示されますから、えぇ。
Posted by Giselle at 2009年05月07日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

新型インフルエンザ 症状 豚
Excerpt: 基本的な質問ですみません。 新型インフルエンザが騒がれていますが、肝心の症状等... 基本的な質問ですみません。 新型インフルエンザが騒がれていますが、肝心の症状等に関しての報道が少なく思います..
Weblog: 新型インフルエンザ/豚インフルエンザ
Tracked: 2009-05-06 03:31

牟田口コピペ・インフル編
Excerpt: ■薬も検査キットも無いのにどうしろと? 発熱で都内の診察拒否92件=新型インフルに過剰反応?−都まとめ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090505-0..
Weblog: ぷにっと囲碁!なブログ
Tracked: 2009-05-07 17:40
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。