2009年05月02日

名古屋の新型疑い例は既存のA香港型と判明、香港ではメキシコ人旅行者が新型と確認

名古屋で受診の患者「新型インフルではない」…市が発表

 名古屋市は1日、市内の医療機関で診察を受けた男性患者(33)が、新型インフルエンザと同じA型の陽性反応を示したものの、同市衛生研究所の遺伝子検査(PCR検査)の結果、A香港型で、新型インフルエンザではないことが確認されたと、発表した。(後略)

元記事:YOMIURI ONLINE


( ・ω・)ノえーと、先程の更新で書いた名古屋の新型疑い例でありますが、名古屋市の衛生研究所での遺伝子検査(PCR検査)の結果、新型インフルエンザではなく既存の季節性インフルエンザであるA香港型(H3N2)だと言う事がわかったそうですよ。
この男性は4月28日にアメリカから帰国して、発熱・せきなどの症状があった為1日に名古屋市内の発熱相談センターに連絡し、診察を受けたと言う事です。

ヾ(´ω` )まぁ、新型じゃなくてよかったですね。
でもインフルエンザは、インフルエンザなので、お大事にというかんじですね。
普通の季節性インフルエンザだって重症化すると大変な事になるのは一緒ですからね。
とりあえずA型インフルエンザで陽性ってなると騒ぎになるのは、しばらくはしょうがないですね。

( ・ω・)ノそういえば香港の方でも新型インフルエンザが確認されたそうですよ。
といっても、香港の人ではなくて香港に滞在中のメキシコ人旅行者が、新型インフルエンザに感染している事が確認されたと言う事ですけどな。
この旅行者は4月30日にメキシコから上海経由で香港に到着したんだそうですが、発熱などの症状が出たということで香港の病院で診察を受けたということですよ。
いやもぉ、飛行機でどこでも行ける時代だけに広まるのもはやいですのぉ。

参考ページ
厚生労働省(トップの緊急情報に豚インフルエンザの情報あり)
http://www-bm.mhlw.go.jp/
厚生労働省新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
国立感染症研究所 感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
品川区豚インフルエンザQ&A


         
posted by Giselle at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型インフルエンザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。