2009年04月27日

豚インフルエンザ、メキシコでの死者は103人に



( ・ω・)ノというわけで、今一番気になる「豚インフルエンザ」でございますよ。
そう言えば、アメリカのオバマ大統領もこの前メキシコを訪問したばかりでしたのぉ。
噂で、博物館でオバマさんを案内した学者さんがこの豚インフルエンザで死んだとか言うのが流れたとか言う話ですが、学者さんの死因は豚インフルエンザではないと言う事で、ホワイトハウスとしてはちょいと安心と言う所でありましょうか。
しかし、一番最初に確認されたメキシコでは今のところこの豚インフルエンザによると見られる死者が103人に、感染しているという疑いで入院した人1614人の内、約400人が入院中と言う事ですよ。

ヾ(´ω` )ニュースでメキシコにいる日本人のお医者さんが話していたんですが、メキシコは貧富の差が激しい事もあって、貧しい人達は病気に罹っても病院に行く事はせず、とりあえず家庭で何とかしようとするんだそうですね。
そして本当にどうしようもなくなってから病院に行く場合が多いんだそうです。
この辺にこの豚インフルエンザによる死者がメキシコでは100人以上になっているのに、他の国では今のところ死者がいないという違いの原因なんじゃないでしょうかね。
アメリカではニューヨーク市、カリフォルニア州、テキサス州、カンザス州、オハイオ州で、豚インフルエンザの感染者が確認されていると言う事ですよ。

( ・ω・)ノニューヨーク市長の話では、このニューヨーク市内の感染者8人は同じ学校の学生だということですよ。
アメリカでは春休みに高校生や大学生が、メキシコ辺りのリゾート地(カンクンやアカプルコ)などに遊びに行くのがお馴染みらしいですからのぉ。
他にも遺跡巡りなんかを楽しむ事もあるでしょうし、近くて安くていけるメキシコへの旅行に行くのが多いんでしょうなー。
今のところアメリカでは入院しているのは1人だけですが、今後重症化しないか心配しているようで、アメリカでは緊急事態を宣言したということですよ。

ヾ(´ω` )メキシコからだと秘密の地下トンネルを抜けての密入国なんかもおおいですからね、アメリカの場合。
また、カナダでも6人、スペインでも感染者が確認されたということですよ。
他に、ニュージーランド、イスラエル、イギリス、フランス、ブラジル、コロンビアなどでも感染を疑われる事例があると言う事ですね。
日本ではGWですが、空港では北米行きの旅行者などがマスクを買い求めていく姿が増えているようですね。

( ・ω・)ノまぁ、今のところですが、感染力はそれなりにあるようですが、致死率はそれほど高い物ではない様なのが救いではありますのぉ。
今のところわかっている事は以下のようなかんじですかのぉ。


・豚インフルエンザ(H1N1)とは、A型インフルエンザウィルスによって起きる病気で、人には通常感染しないが、養豚場の職員などに感染する場合があり、ごく稀に人から人に広がる事がある。

・人インフルエンザ(H1N1)もAソ連型と言われて、何回か流行しているが豚インフルエンザA(H1N1)とは株が異なる。

・今回の豚インフルエンザ(H1N1)は新型で、豚インフルエンザと鳥インフルエンザ、ヒトインフルエンザとの混合型の模様。
またヒトからヒトへと感染する可能性がある。

・現在この豚インフルエンザに効くワクチンはない。

・感染の方法は以下の3つが考えられる。
 1.感染した豚との接触
 2.ウィルスの付着した物に触り、その触った手指で口や鼻に触る
 3.豚インフルエンザに感染した人からの飛沫感染
  (通常のインフルエンザ同様に咳やくしゃみに含まれるウィルスによる感染)

・症状は普通のインフルエンザと同様。
発熱、咳、喉の痛み、鼻づまり、全身の痛み、頭痛、悪寒、倦怠感など、下痢や嘔吐を伴う場合もある。
また、通常のインフルエンザ同様、軽症から重症まで色々。

・診断は発症から24〜72時間以内に鼻水・唾液の臨床検査・血液検査により豚インフルエンザのウィルスの有無を確認する事で行われる。

・治療は今のところ抗ウィルス薬である「タミフル」「リレンザ」が有効な模様。
ただし、発症後2日以内に服用する必要がある。
この為体の不調を感じたら病院にすぐ行った方が良い。

・予防はこれも通常のインフルエンザと同様。
 1.咳やくしゃみからの感染を防ぐ為マスクを着用する
 2.手洗いやうがいを行う
  (特に手は石鹸を使って洗うのが有効、うがいもうがい薬を使うのが良いかも)
 3.発熱や咳などのインフルエンザの様な症状が見られた時はすぐに医療機関を受診する。

・インフルエンザは食物から感染する事はない。
豚肉や豚の加工食品から感染する事はないので、適切に扱われ調理されれば安全。
生肉であっても適切に加熱調理されればウィルスは死滅する。


ヾ(´ω` )まぁ、とにかく普通の冬場のインフルエンザ流行シーズンの時と同じように注意していれば良いと言う事ですね
YouTubeに厚生労働省のチャンネルがあるんですが、そこにちょうど新型インフルエンザに関する動画があるので、こちらを見てみるのもいいかもですね。
ただし、これblogへの埋め込みが出来ないんですよね。
厚生労働省さんにはぜひともblogなどへの埋め込みが出来るようにしていただきたいですね。
その方が絶対に見る人増えますしね
YouTube厚生労働省動画チャンネル
新型インフルエンザから身を守る知っておきたい感染予防策
http://www.youtube.com/watch?v=WNQ7Y9d4D4k
新型インフルエンザの発生に備える
http://www.youtube.com/watch?v=fh4SB_mcEo8


参考ページ
厚生労働省(トップの緊急情報に豚インフルエンザの情報あり)
http://www-bm.mhlw.go.jp/
厚生労働省健康情報(ここにも緊急情報として豚インフルエンザの情報あり)
http://www-bm.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/index.html
品川区豚インフルエンザQ&A


   
posted by Giselle at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型インフルエンザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。