2009年01月09日

MSの1月の月例パッチは「緊急」が1件

マイクロソフト、1月のセキュリティ情報の事前通知を発表

 Microsoftは米国時間1月8日、ハッカーによって遠隔地からコンピュータを支配される恐れがある「緊急」レベルの脆弱性1件に対応するパッチを、13日に公開する予定であると、事前通知で発表した。(後略)

元記事:CNET Japan


( ´ω`)ノえーと毎度おなじみMicrosoftのWindowsの月例パッチでございますね。
なんと今月は緊急が1個だけだそうですよ。
なんか1個だけというのは珍しいですねー。
先月に定例外のパッチを1個出したからというわけでもないんでしょうけどもね。

ヾ(・ω・ )今回の月例パッチは例によってリモートでコードが実行される恐れがあると言う物でありますよ。
深刻度は一番上の「緊急」とはなっていますが、これはWindows XP/2000とWindows Server 2003でありまして、VistaとWindows Server 2008では上から3番目の深刻度である「警告」だと言う事であります。

( ´ω`)ノ後は他に毎度おなじみの「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」の更新バージョンも一緒にリリースされるということでありますよ。
まぁ、とりあえずはWindows XP/2000とWindows Server 2003の人はリリースされたらインストールしておいた方がいいでしょうね。
たまにMSの月例パッチも不具合が発生する事もあったりしますが。

ヾ(・ω・ )Vistaの人も警告と深刻度は低くても入れておいた方が無難でありましょうな。
PC乗っ取られてからではおそいですしのぉ、それにそうそう不具合が出たりということも無いと思うんですけどなー。
まぁ、ほんとたまに不具合付きのパッチがリリースされちゃったりはしますけども。
しっかし、今月はほんとすくないですのぉ。

( ´ω`)ノなんか1個しかないと拍子抜けしちゃいますねー。
いやセキュリティパッチなのでそういくつもいくつも出ない方が良いとも言えるんですが。
無ければ無いでなんとなく落ち着かないと言うのもおかしなもんですね。

参考ページ
マイクロソフト
マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2009 年 1 月
ITMediaニュース
1月のMS月例パッチは「緊急」の1件
INTERNET Watch
マイクロソフト、1月の月例パッチはWindows関連の1件
マイコミジャーナル
MS、2009年1月セキュリティ情報の事前通知 - Windowsの緊急なセキュリティ情報を発表


     


posted by Giselle at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。