2008年12月15日

スペースシャトル「エンデバー」ようやくフロリダに帰還



( ・ω・)ノてなわけでえーと10日に出発して、辿り着いたのが13日でありますよ!
12日中に着くのかと思ったらさにあらずでありましたのぉ。
まぁ、とりあえずはフロリダのケネディ宇宙センターに到着した時の動画をどうぞ。

NASATVで放送された奴でありますなー。
NASATVは日本でもストリーミングが見られるんですよ、全編英語ですけどな。

ヾ(´ω` )何しろ重い上にスピード上げられない、通常の巡航高度まで上がれないと言う事で、通常なら1万q位飛行出来るB747が1900q位しか飛べないそうですからねー。
というわけで、アメリカ大陸を横断となると何回か給油が必要となるわけですね。
ちなみに今回は1回テキサスの方から飛び立つ時にわざわざヒューストンのNASAのジョンソン宇宙センターの上を寄り道して飛んだんだそうですよ。
NASA創設50周年記念だそうで、ジョンソン宇宙センターからはシャトル輸送機が真上を飛んでいるのが見られたそうですよ、大サービスですね。

( ・ω・)ノまぁ、ものすごく遠回りしてたので余計に経費掛かったかもですけどなー。
ちなみに今回使われていたシャトル輸送機は元JALの機体を使った「N911NA」でありますよ。
日航のJA8117号機でB747-SRの1号機だったものを退役後NASAが購入して改造して使ってるわけですなー。
なので結構古い機体なんですよ、シャトル輸送機って。
もっともNASAの持ってる飛行機って言うのはこういう感じで他で使われていたお古を購入してとか言うのが多いみたいですけどな。

ヾ(´ω` )シャトル輸送機の1号機「N905NA」はアメリカン航空が使っていたB747-123型機ですしねー。
他にも海軍が使ってた飛行機とか、空軍が使ってた飛行機とかを退役後購入して使ってる見たいですね。
まぁ整備さえしっかりしていればまだまだ使えると言う事でしょうか。
それにしてもようやくフロリダに帰ってこれたなーと言う感じですね。
整備の人はこれからが大変ですけどね、次の来年打ち上げのSTS-119の方のシャトル「ディスカバリー」の準備もありますもんね。

( ・ω・)ノあ、ちなみに今回戻ってきたエンデバーのミッションのフライトナンバーはSTS-126で、次回来年予定のディスカバリーのミッションのフライトナンバーはSTS-119。
なんで順番通りじゃないのとお思いの向きもあろうかと思いますが、このフライトナンバーはミッションが決定した順に付けられるので、実際の飛ぶ順番とは前後する事がよくあるのでありました。
来年2月予定のSTS-119では日本人宇宙飛行士の若田光一さんが搭乗予定ですよ。

参考ページ
NASA
http://www.nasa.gov/home/index.html
Space Shuttle
http://www.nasa.gov/mission_pages/shuttle/main/index.html
International Space Station
http://www.nasa.gov/mission_pages/station/main/index.html
JAXA 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター
http://iss.jaxa.jp/index.html


     


posted by Giselle at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。