2008年10月31日

ソニー製ノートPC用バッテリでまたも異常発熱、全世界で約10万台をリコール



( ´ω`)ノまたか、SONYのバッテリ!
というわけで、2年程前でしたかね〜、ソニー製のリチウムイオンバッテリが発火する騒ぎがありまして、その時にはDELL、富士通、アップルやらが対象で確か1000万台近く自主回収するハメになったんじゃなかったでしたかね。
今回、これまでに確認された異常発熱は全世界で40件、この中には発煙・発火まで至った事故も含まれ軽度の火傷を負ったケースが4件、軽度の器物損壊が21件あったと言う事でありますよ。

ヾ(・ω・ )今回の自主回収の対象になっているのは、日本では東芝と日本HPだそうでありますよ。
内訳は東芝が2005年4月〜6月に製造された「dynabook」と「dynabook Satellite」で、国内出荷分は1100個。
日本HPが2004年12月〜2006年6月に製造された「Compaq nx4800、nx4820、nc6120、nc6220、nc6230、nx6110、nx6120 Notebook PC」の7機種で国内販売分は約600個だと言う事でありますよ。

( ´ω`)ノなお、富士通は当該のバッテリーパックは使用しておらず、NECは問題のあったバッテリーパックは使用していないと思われるが、再度調査中。
DELLは国内での販売分はないと言う事でありますよ。
東芝さんも日本HPさんもそれぞれ専用のWebサイトで該当機種かどうかを確認出来るそうなので、該当機種かなぁ?と思われるPCをお持ちの方は念のために調べて置いた方がいいかもですね。

ヾ(・ω・ )火を噴いてからでは遅いですからのぉ。
今回の自主回収の対象になっているバッテリはちなみに2006年に問題となったバッテリとはまた別のタイプの物だと言う事でありますよ。
今回の対象のバッテリは2004年10月から05年6月にかけて製造されたもので、SONYの説明によれば当時行った生産ラインの調整が一部のバッテリのセルの品質に影響を与えたのでは無いかと考えているそうでありますよ。

( ´ω`)ノなんかITProの記事見ると今回問題となったバッテリのセルは2.15Ahでノートパソコンのバッテリの中では比較的容量が小さい物らしいですね。
前回の問題となったバッテリはもっと容量が大きい物でいろいろと無理をした為に問題が発生したと考えられるけど、今回みたいな容量小さめのものでも事故が起きる時は起きるもんなんですねー。
しかし、生産ラインの調整が原因ってのもなんともねー。
ナニを一体調整したのやら…って感じですが。

参考ページ
CNET Japan
ソニー、過剰発熱の可能性があるソニー製ノートPC用電池パックを自主回収へ
ITmediaニュース
ソニー製ノートPC用バッテリー、10万台をリコール
ソニー製ノートPC用バッテリー、国内では東芝と日本HPが無償交換
PC Watch
米国消費者製品安全委員会、ソニー製リチウムイオンバッテリを自主回収〜HP/東芝/Dellと共同で
ITPro
ソニー製リチウムイオン電池で再び事故、回収対象は10万個


    


posted by Giselle at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | ネット・コンピュータ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【Dell 発火】についてブログの検索結果をまとめると…
Excerpt: Dell 発火 についてブログの検索結果をまとめると…
Weblog: 最新キーワードチェック!
Tracked: 2008-11-23 21:24
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。