2008年10月10日

MS、10月の月例パッチは緊急4件重要6件を含む11件

MS、緊急レベル4件を含む10月の月例パッチを予告

 Microsoftは10月14日(日本時間15日)に月例セキュリティ情報11件を公開し、Internet Explorer(IE)やExcelの深刻な脆弱性に対処する。セキュリティレベルの内訳は、最大深刻度の「緊急」が4件、「重要」が6件、「警告」が1件となる。9日に公開した事前通知で明らかにした。(後略)

元記事:ITmediaニュース


( ・ω・)ノ毎度おなじみ〜Microsoftの月例セキュリティパッチの予告の時期となりましたー。
まぁ、ここ何ヶ月かはちっともこの件について書いてなかったけども。
この時期blogのネタが無い時にはこの月例パッチのネタはほんとに重宝なんですけどな。
他に書きたい事がある時はあっさりスルーされるのも月例パッチならではであります。
それはさておき、例によって第2火曜日(日本時間だと第2水曜日)にリリースされる月例パッチでありますが、今月は最大深刻度「緊急」が4件、「重要」が6件、「警告」が1件だそうでありますよ。

ヾ(´ω` )えーと、もっとも深刻な「緊急」はActive Directory、IE、Host Integration Server(HIS)、Excelの深刻な脆弱性に対処するもので、「緊急」では毎度おなじみの悪用されるとリモートから任意のコードを実行される恐れと言う奴ですね。
「重要」の6件はみんなWindows関連で権限昇格やリモートからのコード実行の脆弱性への対処と言う事でありますね。
「警告」はOfficeの情報漏洩に関する脆弱性だそうですよ。

( ・ω・)ノまぁ、よっぽどの事がない限りは、なるべく早急にセキュリティパッチが出たら入れておいた方が無難と言う事でありますかのぉ。
一番困るのが、例えばどっかのサイトを見ただけでアウトっていうのですからのぉ。
セキュリティパッチ当てていれば問題なしの場合がありますからの。
最近ではセキュリティパッチが出た直後に、まだ入れてないPC目当ての攻撃なんかもありますので要注意でありますよ。

ヾ(´ω` )うちはブラウザは「Sleipnir」でありますが、レンダリングエンジンが「Trident」でIEと同じのを使ってますからねー。
そう言う意味でも要注意でありますねー。

参考ページ
マイクロソフト
セキュリティ情報の事前通知 - 2008 年 10 月
INTERNET Watch
マイクロソフト、10月の月例パッチは“緊急”4件含む合計11件


     


posted by Giselle at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。