2005年12月17日

耐震強度偽装問題:ヒューザー社名変更を検討中?

ヒューザーが社名変更を検討

 耐震強度偽装問題で、強度不足のマンションを販売したヒューザー(小嶋進社長)は16日、社名の変更を検討していることを明らかにした。同社の広報担当は「社長が社内で話しているが、正式決定はまだ。社名変更の時期や名前など具体的な内容は未定」と説明している。(後略)

元記事:nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/ns/general/p-so-tp0-051217-0002.html


( ´ω`)ノてなわけで、耐震強度偽装問題で、多くの耐震強度が不足したマンションを販売したヒューザー社の窓口会社であった「ヒューザーマネジメント社」が11月末に社名を変更したのに続いて、ヒューザー社自身も社名の変更を検討していると言う事ですよ。
なんか、これまで対応が二転三転したりと不信をもたれる様な行動の多い同社でありますが、「ヒューザー」の名ではもう仕事にならないと言う事で、社名を変えようというのがいかにも小手先だけで何とかしようとするこの会社らしいと言う感じですか?

ヾ(・ω・ )もう片方の「シノケン」が誠実且つ迅速で適切な対応をしているだけに、その対応の拙さが際立つと言いますかのぉ。
ヒューザーの小嶋社長は以前に「風評被害等で会社の経営が」云々と言ってましたけども、全ては自社の対応の拙さがもたらしたものなんですけどのぉ。
やっぱり、最低でもこの小嶋社長の名前はしっかりと覚えておかないとですのぉ。
会社の名前を変えたりして、また同じ様にこう言う不誠実な対応をする会社を作りそうですもんのぉ。

( ´ω`)ノ一事が万事と申しますかねぇ。
今回の問題で、自分から信用を落としまくるような事をしまくってますからね。
それにしても、耐震強度が基準の50%にも満たない為に国の建替支援策の対象となっている分譲マンション10棟計288世帯のうち、12月16日までに退去したのはわずか30世帯と全体の10%程度に留まっているらしいですよ。
使用禁止命令や自主退去勧告等が出ていても、子供の学校の問題や、用意されている公的住宅の利便性の問題などからなかなか移転出来ないって言う事みたいですけどね。

ヾ(・ω・ )まぁ、子供の学校はちょっと問題ですのぉ。
それ以外はちょっと狭い位は我慢しないとしょうがないかもですけどのぉ。
とはいうものの、元のマンションの広さを基準に家具を買っていたりすると、家具で足の踏み場も…はオーバーにしても、かなり大変かもしれませんのぉ。
そう言えばマンションの建て替え費用の住民負担を少しでも減らす為に、高層化してそれを売り出す事も考えられているそうですのぉ。
地域によっては余り高層化できないって言う所もあるんですけども、問題となっているマンションの建っている地域はそれは大丈夫なんですかのぉ。
あと、高層化すると付近の住民の皆さんの理解を得られるかが心配ですのぉ。

( ´ω`)ノなかなか全ての人が満足する様にはならないと言う事ですね。
それにしてもマンションの方は、国や自治体の支援があるからいいですけども、ホテルの経営者の皆さんは大変そうですねぇ。
総研が開業指導したビジネスホテルは全部で238件、その内24件で偽装が見つかっていて、更に、木村建設施工で、姉歯元建築士以外建築士が構造計算を行った物件でも鉄筋量が少ないモノがあるそうですしね。
まぁ、国土交通省の話では、「鉄筋量が少ない=耐震強度不足」ではないそうですけども、恒常的にこう言う事が行われていた心配はやっぱりありますねぇ。
取りあえず国土交通省では全部のホテルを早急に調査するみたいではありますが。

ヾ(・ω・ )ホテルは不特定多数の人が利用するもんですからのぉ。
そう言えば、問題の中心に位置するのでは無いかと言われている「総研」でチーフコンサルタントをしてる四ヶ所氏は平成設計に鉄筋量を減らす様に指示したメモを自分が作成した事を認めたそうですけどのぉ。
しかし、四ヶ所氏は自分も一級建築士の資格を持ちながらわからなかったんですかのぉ。
幾ら、いろいろと業務が細分化されていても、資格を取る為には全部の分野の基本は学ばないといけないんじゃないんですかのぉ?

( ´ω`)ノ精査したわけじゃないとしても、おかしいと思わなかったんですかねぇ。
ご本人は「ミスだと思った」そうですけども、自分でも鉄筋量を減らせとか指示してるんだから、ある程度わかってやってたんじゃないのかと思われてもしょうがないかと。
話変わって、証人喚問の時に自民党の渡辺具能議員が、持ち時間の40分の内大半を自分のしゃべりで使ってしまって、肝心の姉歯建築士の話が聞けなかったと言う件で、自民党事務局の方にも「質問長すぎ」とか「証人に話をさせろ」とか苦情が数百件寄せられたらしいですね。

ヾ(・ω・ )証人を尋問じゃなくて、議員先生の独演会になってたらしいですからのぉ。
武部幹事長がラジオ番組の中で謝罪したそうですけどものぉ。
議員先生本人は「証人喚問は事件を解明し、対応策に反映させるためのもの。面白おかしく劇場風になるべきでない」とおっしゃったそうですけども、自分の独演会を繰り広げちゃいけませんわのぉ。
本来は相手に質問し、相手にしゃべらせる事によって、矛盾点や問題点を暴き出していくもんだと思うんですけどのぉ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

総研幹部、鉄筋削減の指示メモ認める
Excerpt: 総研幹部、鉄筋削減の指示メモ認める「問題ないと判断」 『耐震強度偽装問題で、国土交通省は16日、衆院国土交通委員会の14日の証人喚問で馬淵澄夫(まぶち・すみお)議員(民主)が、総合経営研究所(総..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2005-12-17 19:47

自民・武部幹事長証人喚問の質問の「ひどさ」謝る
Excerpt: 『自民党の武部勤幹事長は16日、ニッポン放送のラジオ番組に出演し、耐震強度偽装問題に関する14日の証人喚問について「自民党の質問はひどかった」と水を向けられ、「私もまったく同感。ほんとに申し訳なかった..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2005-12-17 19:53
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。