2005年12月15日

B777のエンジンに製造ミス、全日空・日航エンジンを改修へ

ボーイングのエンジンに重大な不具合 国内に48機

 日本航空と全日空が保有する大型ジェット機ボーイング777型のエンジンに重大な不具合が見つかり、両社は15日、部品の交換を始めたことを明らかにした。エンジン内部の金属製ブレード(羽根)の一部が製造工程のミスで破損して飛び散り、内部のほかの部品を激しく損傷する恐れがある。昨年以降、飛行中にエンジンが異常を起こして最寄りの空港に緊急着陸するトラブルなどが相次いでいた。いずれも乗客らにけがはなかった。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/1215/TKY200512150213.html


( ´ω`)ノ飛行機には結構年何回も乗るので気になるニュースでありますねぇ。
この問題になっているボーイング777にも結構乗りますからねぇ。
問題となっているのは、アメリカのプラット・アンド・ホイットニー社が製造した「PW4000」エンジンで、トラブルが相次いだ為に内部を精密検査した所、エンジンを回転させる高圧タービンの2段目のブレード82枚が腐食していて、先端から破損する恐れがある事が判明したわけですねぇ。

ヾ(・ω・ )で、なんで腐食したかと言うと、製造工程にミスがあって耐熱加工で使用する化学溶剤、まぁメッキ液なんだそうですが、これがブレードの内部に残留したまま組み付けられていた為に、エンジン内部の高熱で変質し、ブレードを腐食させて強度を低下させていたと言うわけですのぉ。
ちなみに全日空は改修費用約52億円、日航で約43億円になるらしいですよ。
今回の欠陥はP&W社の製造不良によるものである為、全日空ではP&W社に対して回収費用の負担割合を協議するらしいですけどのぉ。

( ´ω`)ノ日航でも同じ様にブレードの腐食が急速に進行していたケースが3件、去年の5月以降に見つかっていたそうですねぇ。
たぶん、日航の方でも全日空と同じ様にP&W社に対して回収費用の負担を求めていく事になりそうですねぇ。
しかし、ボーイング777型機は「777-300」「777-200」等航続距離や座席数によっていろいろと種類があるわけですが、全日空が国内線・国際線合わせて27機、日航は国内線のみで21機持ってるわけで、これをいっぺんにエンジンを改修する訳にはいかないのがねぇ。

ヾ(・ω・ )全部のエンジンの改修が終わるのは来年末になる見通しらしいですのぉ。
その間は点検間隔を通常の半分の間隔にして対応するそうですけどのぉ。
まぁ、777型機は左右1発ずつの双発のジェット機ではありますが、一応片方のエンジンが止まっても飛べる様には出来てますけどのぉ。
まぁ、安全の為にすぐに近くの空港に着陸する必要はありますけどもの。
それにしてもボーイング社はこの所エアバス社に水を開けられているだけに、この製造ミスによるトラブルは痛い所かもしれませんのぉ。

( ´ω`)ノまぁ、エンジン自体はP&W社が作ったモノではありますけどねぇ。
これでもう一つのエンジン製造を請け負っているGE社はチャンスかも知れませんけど。
しかし、ボーイング社ついてないですねぇ。
この前「B777-200LR Worldliner」が香港−ロンドン間1万1663マイル(2万1600km)を連続飛行して、民間機の航続距離世界最長記録を更新した所だったんですけどねぇ。
同じ様な製造ミスが他の航空会社の同型機のエンジンにも起きてないとは言えないですもんねぇ。

ヾ(・ω・ )でもまぁ、飛行機好きなのでへーきで乗るわけですけどの!(笑)
B777だろうとB767だろうとB747だろうとA320だろうとドンとこいっ!ですよ。
でもボンバルディアだけは勘弁なっ!(特攻野郎Aチーム風味)ですけども。
だってボンバルディアトラブル多すぎな上にプロペラ機なので、時間がかかるからのぉ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10704007
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。