2005年12月14日

小惑星探査機「はやぶさ」地球への出発延期、帰還は3年遅れに

はやぶさ、イトカワからの出発延期 地球帰還は3年遅れ

 小惑星イトカワを調査した探査機「はやぶさ」について、宇宙航空研究開発機構は14日、今月中旬に予定していた地球に向けた出発を断念することを発表した。今後、07年春までの出発を目指し、地球周辺への帰還は当初予定の07年6月から10年6月ごろまで約3年遅れるという。プロジェクトマネジャーの川口淳一郎教授は「出発の延期は残念だが、可能性がある限り、地球帰還のために努力する」と話した。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/science/news/TKY200512130398.html


( ・ω・)ノまるでプロジェクトXかと言う位に次から次へと試練に見舞われる探査機にして工学実験衛星「はやぶさ」とそのプロジェクトチームの皆さんですよ。
今度は地球周辺への帰還が当初の2007年6月頃の予定から、3年遅れて2010年6月頃まで遅れる事になってしまいましたのぉ。
12月の14日か15日には小惑星「イトカワ」の側を出発しないといけないと言う事だったので、難航する「はやぶさ」の姿勢制御を考えると厳しいスケジュールだなぁと思ってはいたんですけどのぉ。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の会見の模様は「松浦晋也のL/D」さんに詳しくでていますので、ぜひともそちらを参考にして下さいですよ。

ヾ(´ω` )記者会見によると、姿勢制御用のスラスターの科学エンジンの燃料漏れ後、燃料の漏れ自体は止めたものの、漏れた燃料が「はやぶさ」の機体内に溜まって、その後断続的に外に吹き出している為に姿勢が安定しないみたいですけどねぇ。
12月7日の段階では、姿勢をなんとか安定させて通信を…と言う感じだったんですがね。
なかなか上手くいかないもんですねぇ。
12月8日の時点で「はやぶさ」はスラスターの復旧待ち状態で、姿勢の安定を図る為に周期6分程のスピン状態に入っていたそうですね。

( ・ω・)ノイオンエンジンの推進剤であるキセノンを噴射させての姿勢制御はなかなか難しい様で、キセノンの噴射では姿勢が崩れるのを止められず、臨界ニューてーション角と言う、「これ以上の味噌すり運動が起きると、探査機の姿勢が大きく変動してひっくり返った状態になる」角度を超える様なコーニング運動(味噌すりの首振り運動)になっていると思われるそうですのぉ。
ちなみに、味噌すりって料理とかしない人にはわかりにくいですかのぉ?
最近はごまもごますり器や、袋入りのすりごまを買ってきたりしますけどものぉ。

ヾ(´ω` )あ〜、すり鉢ですりこぎを使ってごまや味噌をするような動きと言ってもピンと来ない人もいそうですねぇ、最近だと。
まぁ、それはともかく、12月9日以降は「はやぶさ」との交信は切れている状態だそうですが、解析の結果復旧の確率は60%あるそうです。
そこで、今後は運用方針を、通常運用から「救出モード」へと切り替えて、今後1年間この救出モードを継続し、2007年初め迄に復旧できた場合には、その時点でイオンエンジンを運転させて、2010年に地球に帰還させるという風に計画を変更と言うわけですね。

( ・ω・)ノ2006年12月までに復旧する可能性は60%、2007年春までなら70%だそうですからのぉ。
なんとか頑張って地球に帰ってきて欲しいですのぉ、「はやぶさ」には。
それにしても「世界で最初に何かを成し遂げる」と言うのは難しい事ですのぉ。
世界中で衛星も探査機も沢山打ち上げてはいますけども、イオンエンジンを使って、小惑星まで行って、着陸して帰ってこようって言うのは「はやぶさ」が初めてですからのぉ。

ヾ(´ω` )まさに「産みの苦しみ」って奴ですねぇ。
まぁ、取りあえず「味噌すり運動」の減衰に1ヶ月以上かかるそうなので、それを待ってからまた復旧作業を行うってことですね。
で、その間に、いろいろと地上では対策を練らないと…って事ですかね。
まぁ、機器故障の可能性が延長すると高まる上に、設計寿命の4年を超えちゃいますからねぇ。
その辺が心配ではありますけども、「日本の技術」を信用するしかないですねぇ。

( ・ω・)ノまぁ、帰還が延びたのは残念としか言えないですのぉ。
そりゃもぉ、一刻も早くみんな帰ってきて欲しいとおもってるでしょうしのぉ。
まぁ、とにかくJAXAの役員会でも「はやぶさ」を見捨てるって事にならなくてよかったですよ。
帰還が延びればそれだけ経費がかかるわけですからのぉ。
まぁ、「のぞみ」の時みたいにもうダメだと言うわけでなく、60%でも70%でも、100%ではないけども、結構高確率で帰ってこれる状態に迄出来ると言う以上はなんとか継続をお願いしたい所ですのぉ。

ヾ(´ω` )このサンプルリターンに関してはNASAであろうと、ESAであろうとプロポーザル(提案とか申込の意味ですが、この場合は「観測計画提案書」)を出せないだろう…って言う位、「はやぶさ」のやってる事のレベルは高いんですしねぇ。
最低でも「はやぶさ」レベルの所までは成功させる事が出来ないといけませんからねぇ。
まぁ、JAXAの川口さんNASAやESAに喧嘩売ってる訳じゃないですよーとおっしゃってたみたいですが(笑)
それ位日本も独自の技術で頑張ってるんですよって事ですねぇ。

( ・ω・)ノそれにしても「くしゃみ一つで危篤状態」ってのは上手い表現ですのぉ。
満身創痍状態ですからのぉ、今の「はやぶさ」は。
姿勢制御さえなんとか上手くいってくれるといいんですけどのぉ。
これでしばらくは情報が入ってこない状況になるとは思いますけども、時々でいいのでまたこうして記者会見をして途中経過を教えて貰えるといいですのぉ。

参考ページ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)TOP
http://www.jaxa.jp/
宇宙科学研究本部(ISAS)宇宙ニュース
「はやぶさ」探査機の状態について(プレスリリース)
http://www.isas.jaxa.jp/j/snews/2005/1214.shtml
松浦晋也のL/D
(プレスリリースや新聞記事ではわからない記者会見の細かい状況があります)
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/
posted by Giselle at 22:31| Comment(1) | TrackBack(0) | サイエンス(2005年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 突然で恐縮ですがご招待です
 「はやぶさ」にちなんだ雑学クイズを作りました。
 お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい
http://blog.q-q.jp/200512/article_77.html
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)

Posted by 素町人@思案橋 at 2005年12月15日 11:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。