2005年12月13日

耐震強度偽装問題:木村建設子会社の平成設計も自己破産申立

木村建設の子会社・平成設計が自己破産申し立て

 マンションなどの耐震強度偽装問題で、偽装が明らかになった建物の多くを施工し、自己破産の手続き開始が決まった木村建設(熊本県八代市)の100%子会社の平成設計(東京都千代田区)は12日、東京地裁に自己破産を申し立て、受理された。代理人の弁護士によると、債権者数は企業や個人計55、負債総額は約6億3800万円という。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/special/051118/TKY200512120147.html


( ´ω`)ノまぁ、いわゆる連鎖倒産なんでしょうけど、親亀転けたら子亀も転けたという感じのね。
でもなんか、親会社共々早々と逃げを打った感が否めないのはなんでなんでしょうかねぇー。
警視庁などの合同捜査本部による家宅捜索の対象にもなっている位、今回の事件の中心の一つであるわけですからねぇ。
なんだか納得のいかないモノを感じるのは木村建設の時と同様と言う感じでしょうか。

ヾ(・ω・ )まぁ、実際問題としてここまで大事になったら、もうこの会社に仕事頼もうなんて奇特な人はいないでしょうしのぉ。
何しろ会社の信用という点では、ゼロどころかマイナスも良い所でしょうしのぉ。
経営が成り立つはずもなく、11月末で従業員も解雇してるそうですし、自己破産申し立てするしかないですのぉ。

( ´ω`)ノ今後はせめて、どういう事があって今回の様な耐震強度の偽装問題が持ち上がったのかを、他人事の様な調子でなく、きちんと話して欲しいものですねぇ。
どーも検査機関の人達にしてもなんにしても、自分達が当事者であるにもかかわらず、他人事みたいな調子で話す人が多くていけませんねぇ。
ともすれば、他の人達に責任転嫁出来るものならしてしまえって感じにみえますしね。
何より、誠実な態度に見えませんからねぇ。

ヾ(・ω・ )まぁ、他の業者さんにも迷惑かけてますしのぉ、この一件で。
どうしたって消費者は他の業者も同じ様な事してるんじゃないかと疑いますしのぉ。
現に、住宅を買おうとか住み替えようとか考えてた人達が、今回の一件で控えてるっていいますしのぉ。
まぁ、今回の一件で少し高くても、しっかりとしたマンションを買った方が良いと言う傾向になるのは良い事かもしれませんけどのぉ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10603000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。