2011年12月13日

火星は「広範囲に生命が居住可能」…但し地下で



( ・ω・)ノ火星の環境をモデル化した所、火星の「広範囲」が生命居住可能という結果が出たという研究が12日の科学誌「Astrobiology」に掲載されたと言う事ですよ。
論文を発表したのはオーストラリア国立大学のチャーリー・ラインウィーバー氏率いる研究チームで、地球と火星で温度と大気圧のモデルを比較し、地球に存在するような生命体が火星のどれほどの領域に居住可能かを調べたんだそうですよ。

続きを読む
posted by Giselle at 22:09 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。