2011年02月08日

野生の牡蠣の個体数が世界的に減少



( ´ω`)ノ野生の牡蠣が急速に減少していて、牡蠣の群落である「カキ礁」のうち85%が病原体や乱獲により失われたとする報告書が、アメリカ生物科学学会の専門誌「バイオサイエンス」に掲載されたと言う事ですよ。
報告書を発表したのは、アメリカのカリフォルニア大学サンタクルーズ校のマイケル・ベック氏が率いる国際研究チームで、40の地域で牡蠣の生息環境を調査したんだそうですよ。

続きを読む
posted by Giselle at 23:34 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。